【スタッフコラム】楽しみたいなら、前のめりに。

お客様係 石井

週末に、クラシコムのスタッフ総勢9名で、日帰りバスツアーに行ってきました。

私たちが選んだのは、その名も「ミステリーツアー」。

ミステリーというだけあって、出発前に知らされていたのは、
「いちご狩りをする」
「お寺へ行く」
「工場見学をする」
といったざっくりしたことだけ。

具体的にどこへ、どの順番で行くのかもわからないままでした。

そして、注意事項にはなぜか「スカート禁止」の文字。

ワクワクと、ちょっとの不安と一緒に、バスへと乗り込んだ朝の8時でした。

▲残念ながら天気はだんだん下り坂に。そして寒かった!

あっという間に時は過ぎて、夜7時。ツアーは無事終了。

笑い転げて、驚いて、食べまくった一日でした。

あまりの量のおしゃべりと笑顔で、日が暮れる頃には声がかれ、ほっぺの筋肉がヒクヒクしていたほど。

そして、すっかり軽くなったお財布と、両手にはたっぷりのお土産。肉・野菜・こんにゃく・スイーツ。

楽しかったことすべてを書こうとすると長期連載になってしまいそうなので割愛しますが、なんだかとってもいいなぁ、と思えたことがあったので、ひとつだけ。

 

楽しみ上手な人たちが、ここにいた

「ミステリーツアー」とはいえ、バスツアーなので座っていれば目的地へは順番に連れて行ってくれます。

それでも。

まずは添乗員さんに関東広域の地図をもらう。
バスがどの方向に進んでいるのかを確認。
そこから知識を総動員して、
「あっちへ行くんじゃない?」
「いや、こっちにはこういうのもあるよ」
「ここ左に曲がるかどうかで、たぶん決まるね」

いつの間にかスマホ検索禁止令まで出るほどに白熱していたみんなの予想合戦を見ていて、なんて楽しみ上手なんだろう、とちょっとびっくりしてしまいました。

単に座って移動しているだけの時間でも、自分から面白がろうとすれば、こんなに心躍る時間になるんだ、と。

同じようなことは、きっと日常にもたくさんあふれているのでしょう。

目の前のものごとに対して、よってたかって面白がっちゃう、この「前のめり感」。忘れずにいたいと思いました。

ちなみに。
ツアーの注意事項にあった「スカート禁止」に、前のめりな私たちはこんな予想をして楽しんでいました。

いちごを狩るとき、山を登るのかも。
お寺で滝行させられるんじゃない?
風邪ひかないように、っていう配慮かな。
添乗員さんの単なる好みだったらどうしよう。

ひとしきり笑った後にわかった正解は、「坐禅を組むから」でした。

これから「坐禅」と聞くたびに、ちょっとヌケた会話まで一緒に思い出してしまいそうです。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像