【映画えらびに迷ったら】オシャレがしたくなる!ファッションが魅力の3本

編集スタッフ 松田 編集スタッフ 松田

家で過ごす時間も充実させたくなる秋は、やっぱり映画が欠かせません。

でも、いざとなると、どの映画を観ようか迷ってしまうこともありませんか?

そこで、秋の気分にぴったりな「インテリア」「ファッション」「コーヒー」にまつわるオススメ映画を、全3話でお届けします。第2話はファッション編です。

 

スタイリストが選ぶ、コーディネートに注目したい映画

ファッションにまつわる映画を伺ったのは、ドラマや映画、雑誌などのファッションスタイリストとして活躍する下山さつきさん。オリジナルブランド KURASHI&Trips PUBLISHINGの洋服をはじめ、当店でも数々のファッションページのスタイリングを担当してくださっています。

そんな下山さんは屈指の映画好き。平日夜のレイトショーへ行き、じっくりその作品に浸る日も。

映画は、そのストーリーだけでなく、登場人物のコーディネートも見どころ。おしゃれも映画も大好き! というスタイリストの下山さんに、お気に入りの映画をいくつか教えてもらいました。

 

Fashion × Cinema 01


花柄のスカートにワンピース
だんだんと洗練されるコーデに注目


(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

「ブルックリン」(2015年/アイルランド・イギリス・カナダ合作/112分)

Story
大人しく目立たない性格の少女エイリシュは、妹の将来を案じた姉の勧めで、アイルランドの小さな町からニューヨークへとやってくる。それまでとはあまりに異なる大都会での生活に戸惑うエイリシュは、イタリア系移民の青年トミーとの恋をきっかけに大きく変わっていく。洗練されたニューヨーカーとして生き生きと日々を過ごすエイリシュだったが、そんな彼女のもとに故郷からある悲報がもたらされる。

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

下山さん:
「50年代というと随分昔に思えますが、これは誰もが経験するであろう人生の選択についての物語です。事実、私もちょうど映画を見た頃が、ちょうど新たな道に進む時だったので、主人公に感情移入して勇気をもらった作品でもあります。

主人公のエイリシュが故郷のアイルランドからブルックリンに一人で上京し、恋をしたり、学ぶ喜びを知ったりする中で、自信を手に入れ、どんどん洗練された女性に成長する過程にとってもワクワクします」

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

下山さん:
「衣装もかなり重要な役割を担っていて、主人公の心の変化とともに、ファッションも次第に洗練されたものになっていきます。見ごたえがあり、どのコーディネートもとても可愛いんです。

特に好きなのが、メインビジュアルのエメラルドグリーンのカーディガンに花柄のスカートのコーディネート。50年代ファッションは普遍的で、いつの時代も自然に取り入れられると思います。丈が長めの上品なテイストのものなら、スカートに抵抗がある方もトライしやすいはず」

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

下山さん:
「これからの季節、自然と色味も深くダークトーンになりがちなので、シンプルな無地のニットに、エイリシュみたいな花柄の綺麗なスカートを合わせたら気分も上がりそうですよね。

古着屋さんへ自分だけのとっておきなスカートを見つけにいくのも楽しそうです」

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.


『ブルックリン』
製作:2015年
監督:ジョン・クローリー
主演:シアーシャ・ローナン
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
DVD発売中
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

Fashion × Cinema 02


圧倒的な芸術センスと
色彩美に釘づけになる映画


「わたしはロランス」(2012年/カナダ・フランス合作/168分)

Story
モントリオールで暮らす国語教師ロランスは、ガールフレンドのフレッドに「女になりたい」と告白する。そんなロランスを非難しながらも、彼の最大の理解者になることを決意するフレッドだったが……。

下山さん:
衝撃を受けた映画のひとつです。圧倒的な芸術センスと色彩美に釘付けになります。

すべてのシーンがアートのように美しい一方で、とても繊細でセンシティブな題材を取り上げていたり、でも根本はシンプルなラブストーリーでもあったりと、こんなに多面的に考えさせられる映画を若干23歳でつくったなんてと……監督のこだわりと才能に驚きでした」



下山さん:
「美術セットや各シーンの構図も印象的ですが、写真家や画家など多くのアーティストの作品に影響を受けてつくられているのだとか。特に登場人物のコーディネートは、監督自らが担当するほど情熱を注いでいて、どの衣装も個性的で刺激的です。

特に私が好きなコーディネートは、フレッドが部屋で水浸しになる場面と、おしゃれをして散歩する2人に色とりどりの鮮やかな洗濯ものが降ってくる場面。

この映画を観ると、とにかく綺麗な色の服を着たくなります。パープルとブルーを合わせたりピンクをところどころに使うなど、斬新な色の組み合わせは、わたし自身も真似したくなります」


『わたしはロランス』
製作:2012年
監督:グザビエ・ドラン
主演:メルビル・プポー、スザンヌ・クレマン
配給:アップリンク

 

Fashion × Cinema 03


時代や音楽に影響を受けた
キュートな着こなしを楽しめる


「シングストリート」(2015年/アイルランド・イギリス・アメリカ合作/106分)

Story
1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごす主人公のコナーは、音楽好きな兄と一緒にミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、街でラフィナという少女を見かけ瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。

下山さん:
「ミュージシャンからの影響が強い80年代らしいファッションが、ふんだんに登場する作品で、衣装に注目するだけでもかなり楽しめます。

学校ではいまいち冴えない男の子たちが、バンド活動を通して自分たちが抱える悩みや想いを表現し、もがきながらも成長していくストーリーで。その中で登場人物たちのファッションも時代背景を色濃く感じるものになっています」

下山さん:
「特に、主人公コナーが恋するラフィーナは、80年代のマドンナやシンディー・ローパーを彷彿とさせるファッションで、とても可愛いです。

特にコナーにロンドン行きを告げる時のラフィナの服が印象的で、真っ赤なニットの袖口からモノトーンの細いボーダーがチラ見えするのですが、そのバランスが絶妙で真似したくなりました」

下山さん:
「あとかなりマニアックですが、制服の着こなしや絶妙に着古した感じがスタイリスト的にはツボでした。ぜひ注目して観てみてください」


『シングストリート』
製作:2015年
監督:ジョン・カーニー
主演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
配給:ギャガ
© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

 

登場人物のコーデに遊び心のエッセンスをもらって

映画の色鮮やかで、可愛くて、完璧に計算された着こなしの数々は、観ていて飽きないもの。いつも無難なコーデや落ち着いた色の服を選んでしまいがちですが、たまには、そんな映画の登場人物からエッセンスをもらって、ちょっとした遊び心を取り入れてみたい。下山さんにお話を伺いそんな風に思いました。

最終話のテーマは「コーヒー」。浅草にある喫茶店「蕪木」店主・蕪木祐介(かぶき ゆうすけ)さんに、コーヒーが飲みたくなる映画を教えてもらいます。

 

(つづく)

 


もくじ

第1話(10月28日)
【映画えらびに迷ったら】模様替えがしたくなる映画を観よう!

第2話(10月29日)
【映画えらびに迷ったら】オシャレがしたくなる!ファッションが魅力の3本

第3話(10月30日)
【映画えらびに迷ったら】心を落ち着けたいときは、コーヒーが飲みたくなる作品を

 

profile_futura_lineblack

下山さつき

1983年生まれ、東京都出身。文化女子大学を卒業後、スタイリスト冨田しおり氏に師事。2011年独立。2017年クジラに参加。当店のファッションページのスタイリングも担当している。

 


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
暖かさも心地よさも諦めたくない!いいとこ取りの「部屋づくり」って?

本日の再入荷
1年中飾っておきたい、loviのツリーが再入荷しました。

【動画】モーニングルーティン
敢えてルールはつくらない? 自称 “ずぼら” な福田さんの朝じかん(YouTubeが再生されます)

CULTUREカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像