【メイク迷子のための往復書簡】第4話: 眉メイクがあか抜ける、アイブロウパウダー

編集スタッフ 寿山 編集スタッフ 寿山

自分らしいメイクがしたいのに、正解がわからない……。前にメイクの特集で、店長佐藤がそんな悩みをこぼしました。

それに対して「メイクは “こんな人になりたい” に近づくための手段」と教えてくれたのが、ビューティライターのAYANAさん。

答えは自分の中にある。どこかに正解があると探していた私たちに、光が射した瞬間でした。

ヒントは見つけたけれど、どう行動したらいいのか。メイク迷子を卒業する手立てを、AYANAさんに教わる連載です。

vol.1はバイヤーの竹内編。竹内の「こんな人になりたい」とは? 実現するための具体策を、4話にわたりお届けします。

 


引っ込み思案な性格を、どうにかしたい


case.1 スタッフ竹内。32歳、夫とふたり暮らし。最近買ったスープやカフェオレが似合う耳つきのボウル(佐藤もも子作)がお気に入り。庭に植えたばかりの苗木に水やりするのが楽しくなってきたところだそう

AYANAさんへ

前回おすすめされたリップ、自分では選ばない色もあったのですが、どの色もしっとり、だけどツヤツヤしすぎず上品で、なんだか仕草や話し方も変えたくなって。バラの花びらに例えた表現もすごく新鮮で、ワクワクしました。

最後に聞きたいのは、眉メイクのこと。

学生時代から「自分に合ってるのかな?」と思いつつ、ずっと同じブランドのペンシルを使っています。眉って正解がわからないし、整えなければいけないという義務感が強すぎて、メイクするときも緊張してしまうのですが、楽しめる手段はあるのでしょうか?

スタッフ竹内

 


 “こうなりたい” に近づく
make lesson. 4


 

竹内さん、こんにちは。

THREEのリリカルリップブルーム、気に入っていただけたみたいで何よりです。商品名にある「ブルーム」って「開花」って意味なんですよ。と別に私がドヤ顔する必要性はまったくないのですが、唇が花びらみたいになることを名前からも語ってくれるなんてすごいですよね。

自分では選ばない色を使うって本当にすごいこと。私には似合わないから、と手にも取らなかった時代とは訳が違う自分になっているということなんですよね。ぜひゆっくりと時間をかけて、ご自身の色々な表情を堪能してください。

眉メイクを楽しみたいなら、思いきってカラーを投入してみては

▲セルヴォーク インディケイト アイブロウパウダー(05 オレンジブラウン) 3,850円

さて、眉メイクについてのご質問でしたね。

左右対称に描かないと、とか、髪の色とあわせたほうがいいのかな?とか、いろいろと悩むポイントが多いのが眉。流行によって形も大きく変わります。自分の眉はこれで正解なのかなぁ、と悩みやすいパーツです。

竹内さんは現在眉ペンシルを使っているそうですが、とても綺麗に描けていると思います。結論としては全く問題ないんですね。ただ、もっと眉メイクにトキメキが欲しいと感じているのなら、カラーを投入してみることをおすすめしたいです。

テクなしでも “こなれ感” がでる。色でラフに描く眉

▲セルヴォーク インディケイト アイブロウパウダー(05 オレンジブラウン) 着用

うってつけなのがセルヴォークのインディケイト アイブロウパウダー。05のオレンジブラウンが似合いそうです。いつもの要領で、上のブラウンと真ん中のオレンジを混ぜながら眉を描いてみてください。気持ちオレンジを多めに。眉頭は下のベージュも含めた3色を混ぜて少しぼかし、立体感を。

あまり気負わずに、ラフに描いて大丈夫です。

眉に色を入れるなんて?と驚かれるかもしれませんが、セルヴォークのアイテムって本当に発色が控えめなんです。

描きました!ってならないのに、おしゃれなニュアンスが生まれる。だからテクニックがいりません。垢抜けるというのか、今っぽい旬な空気感を演出できます。

意外と眉って自由なんです。左右対象にこだわらなくてもいいし、髪の色と揃えなきゃいけないってこともないです。全然違う色にしたり、アイメイクと揃えてもかわいい。好きに楽しんでいいんです。

目もとにはゴールド、ブラウン、オレンジ、グリーンなどのカラーが相性ぴったり。リップには、テラコッタやヌーディなベージュ、ブラウンはもちろん、くすみ系のピンクやパープル、赤リップも合わせてみると素敵だと思います。

ビューティライター・AYANA

 

【Celvoke】
https://celvoke.com

※アイテム・金額(税込)は、2019年11月時点の情報です。

【写真】市原慶子

もくじ

第1話(10月9日)
自信がないとき、コスメでテンションをあげる方法

第2話(10月23日)
さりげなく “オンモード” にしてくれる、大人のポイントメイク

第3話(11月6日)
アイライナーには苦手意識があったけれど、楽しく引けるようになりました。

第4話(11月20日)
眉メイクがあか抜ける、アイブロウパウダー

▼本連載のはじまりはこちら

 

AYANA

ビューティライター。コラム、エッセイ、取材執筆、ブランドカタログなど、美容を切り口とした執筆業。過去に携わった化粧品メーカーにおける商品企画開発・店舗開発等の経験を活かし、ブランディング、商品開発などにも関わる。instagram:@tw0lipswithfang  http://www.ayana.tokyo/

 

スタッフ竹内

32歳、夫とふたり暮らし。最近買ったスープやカフェオレが似合う耳つきのボウル(佐藤もも子作)がお気に入り。庭に植えたばかりの苗木に水やりするのが楽しくなってきたところだそう


本日の編集部recommends!

健やかな肌を保つ洗うスキンケア
肌のうるおいを守りながら、汚れをきちんと落とす、おすすめの洗い方って?[SPONSORED]

本日の再入荷
人気のサイドテーブルや、イタリアのシルバー食器などが再入荷しました♩

LINEスタンプを無料プレゼント!ネコカルタ新作登場 ♪
【お知らせ】当店からのLINE配信は公式アカウントへ移行します。

FASHIONカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像