【アンティークを日常に】第1話:設計士に教わる、古い家具を買うときのポイント

編集スタッフ 寿山 編集スタッフ 寿山

昔からアンティークに憧れはあっても、選び方がよくわからなかったり、使いこなせる自信がなかったり、なかなか踏み込めない世界のひとつ。

ヴィンテージの家具や雑貨を買ったことはあるけれど、インテリアをまとめる自信がなくて、ついシンプルな現行品を選びがちでもあります。

それも心地よくはあるのですが、そろそろアンティークと向き合ってみたい自分がいるのです。

そこで今回は、東京と軽井沢でネパール・インド料理を供する「sajilo cafe」店主、川井加世子(かわい かよこ)さんにお話を伺うことに。

カフェといえど、系列店ではアンティークの家具や雑貨も販売する川井さん。ネパールやヨーロッパ諸国から仕入れた商品はどれもストーリーがあって、聞いているだけで自分も現地を旅したような空想が広がるのです。

店舗だけでなく、ご自宅でも古いものに囲まれて暮らしている川井さんに、アンティークを買うときのポイントやお手入れについて伺います。

 

鬱々とした30代を過ごして。40歳を目前にトライした夢がきっかけ

まずはアンティークの家具や雑貨を集め始めたきっかけを教えてください。

川井さん:
「もともと住宅設計の仕事をしていて、いつか店舗を設計してみたいという夢がありました。

どんなに願ってもなかなかチャンスがなくて、30代はずっと鬱々とした気持ちを抱えながら仕事をしていて。40歳を目前にした頃、待っているだけではダメだと、自分の店をつくってデザインしようと思ったんです。

夫がネパール人で、当時は飲食店で働いていたこともあって、ネパール料理を提供するカフェを二人で開くことにしました」

なんの経験も知識もない川井さんが、手探りで店づくりを進めるなか、ヒントになったのが夫の故郷・ネパールの街並みでした。

川井さん:
「その昔、ネパールの王様はイギリスに傾倒していて、大工を渡英させ建築を学ばせてから王宮を建てたそう。街には洋風の建物がたくさん残っているし、アンティークもいいものが手に入るんです。

影響は受けているけど、ヨーロッパでもアジアでもない、どこかおとぎの国みたいな雰囲気があって。その空気感に惹かれて、古い家具や雑貨を集めはじめたことがきっかけです」

 

いろいろな国のアンティークを、違和感なくなじませるには

それからどんどん古いものの魅力に引き込まれていった川井さん。

日本の古道具からイギリス、フランス、ネパールにインドのアンティークなど、諸国の古いものをいろいろと組み合わせて使うようになったといいます。

川井さん:
「今はフランスのアンティークが好きなのですが、例えば1920年代のテーブルがあったとしたら、大正時代(西暦1912〜1926)に作られた日本の椅子にも合うんです。

国は違っても、同じ年代に作られた家具は、相性がいいなと感じます」

 

日本の家には、フランスの家具がちょうどいい

川井さん:
「なかでも日本の住宅にサイズが合っていると感じるのが、フランスのアンティーク家具。小型のものもあり、探せば高さ70cmくらいのテーブルもあって、日本人でも違和感なく使えますし、生活に取り入れやすいんです。

イギリスやアメリカのアンティーク家具は、大きなものが多くて、なかなか日本の規格に合うサイズのものを見つけるのが難しく感じました」

設計士でもある川井さんならではの目線が、とても参考になります。

 

お気に入りのアンティークに出合う方法

独特の世界観で統一された川井さん宅のインテリア。一体どうやって家具や雑貨を探されているのでしょうか?

川井さん:
「最近はお店で探すよりも、ネットで探すことが多いです。例えばダイニングテーブルが欲しいなと思ったら『フランス アンティーク 高さ70cm テーブル』などのキーワードで画像検索して。

大きさの制約や素材の好みはあるので、それに該当しそうなものを一覧から探します。

そうすると好みに合うサイトが見つかるので、お気に入りに登録しておいて、まめに新着商品をチェック。毎日見ていると相場もなんとなくわかってくるので、納得できるものがあれば現物を見ないで買うこともあります」

アンティークの家具は、お店を探しまわってようやく出合えるものだとばかり思っていた私。サイズに気をつければ、ネットでも気に入るものが見つかるかもしれないと、希望を感じました。

つづく2話では、アンティークのお手入れについて、詳しく伺います。

 

【写真】川井加世子

 

もくじ

第1話(6月8日)
設計士に教わる、古い家具を買うときのポイント

第2話(6月15日)
家具やカトラリー、ファブリックのお手入れどうしてる?

第3話(6月22日)
ストレスを感じずに、古いものと暮らすコツ

 

川井加世子

東京と軽井沢でネパールとインドの料理を供する「sajilo cafe」を夫と営む。一部店舗でアンティークの家具や雑貨も販売しており、建築士として店舗や住宅の設計も手掛ける。Instagramのアカウントは@sajilo_kayo

 


本日の編集部recommends!

暮らしのにおい対策
衣装ケースを使ってにおいをリセット! 置いて掛けて使える新しい脱臭機って? [SPONSORED] 

Buyer’s selection | 涼やかな食卓
食卓に目でも涼を楽しむアイテム集めました。

【最新動画】昨日も今日も、味噌汁
トマトのうまみを出汁がわりに?夏野菜の豚汁で元気になるレシピ。

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像