【スタッフコラム】足の裏から元気をチャージ

編集スタッフ 青木 編集スタッフ 青木

なんとなく気分が晴れない日は、部屋全体がくすんで見える。そしておそらく、実際にくすんでいる。

くすんだ部屋が「そんなに気分がすぐれないなら、だらだらしてもいいんじゃない?」と、優しく寄り添ってくるもんだから、誘われるがままに気怠くすごすのもいいなぁなんて思ってしまう。

けれど、そういう時間をこれまでに何度も繰り返してみて思うのは、だらだらから普通の状態に切り替えることの難しさ。

どっしりと体をあずけたビーズクッションから立ち上がるときのしんどさに似ています。

体調が悪い時はもちろんゆっくり養生するけれど、ケアしたいのが心に基づく「気分」の時は、準備運動で体を慣らすように小さな家事をするようになりました。窓を開けて風を入れるとさらにいい感じ。だらだらするのは部屋のくすみを取ったあとだ。

夏くらいから、これは効く!と気に入っている小さな家事は床拭き。

週に3日はルンバが掃除してくれるけど、窓を開けておくのが好きなので、いつだって少しザラッとしてしまうのだ。

まずはモップで乾拭き、そのあと同じモップで水拭きします。

適度に動くことで体にエンジンがかかり、モップを滑らせることに集中すると頭がスッキリしてきて、モップについた汚れを見ると「こんなにとれた!」と驚きつつ喜べて、水拭きで仕上げるうちに気分が少しマシになってくる。

そしてここからが大事。水拭きして乾いた床の上を裸足で歩くんです。

すべすべ、さらさらの感触をギュッと捉えて、足の裏を存分に喜ばせると、足元から元気が満ちてくるのがわかります。

大袈裟ですか、モップ掛けしたあとに外から入ってくる風は、森の空気みたいに新鮮。足の裏の感触からは、磨き上げられたお寺の回廊を連想。

寺社仏閣を巡りたい気持ちが湧き上がり、あ〜最近心洗われるような神聖な場所に行ってないな、静かな森でキャンプとかいいな、神威岬にも行ってみたいんだった、そうだ、行き方だけでも調べておこう、いつかきっと行くんだから……などなど、連想ゲームがつづきます。

おや、不思議ですね。ついさっきまで世界が、いえ部屋全体がくすんでアンニュイだったのに、すべすべになった床の感触を足の裏からチャージしたら、マシになるどころか、やりたいこと行きたい場所まで心が飛んでいる。

連想ゲームが一段落するころには、「今日も大丈夫だ」と、気分もだいぶいい具合に調整できているので、いつも通りに動けるようになっています。

というわけで今年の夏は、きれいになった床の上を裸足で歩く気持ち良さで、元気がチャージできるということを覚えました。

でも最近寒くなってきたので、そろそろ違う方法が必要になりそうな気配を感じています。

なにはともあれ、毎日しっかり働ける健やかな心身であり続けたい。


本日の編集部recommends!

写真とわたし
特別エッセイ「いま、あのひとに贈りたいもの」 [SPONSORED]

【特別企画】ぜひこの機会に!
『ひとりごとエプロンBOX』を買うと送料無料になるキャンペーン中です!

【最新動画】モーニングルーティン
毎日1箇所だけ整える。自分にフィットした習慣で無理なく始める朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像