【スタッフコラム】わたしをすっぽり受け止めてくれる、ラクダ色のソファ

編集スタッフ 津田

この冬のはじまり、ぴゅーぴゅー北風が吹き始めた頃に、すこし大きいソファを買いました。

わたしが横になるとすっぽり収まるくらいの幅で、短めの木製脚と、ラクダのような優しい色をしたコーデュロイ生地がチャームポイントです。

朝起きたら、やかんでお湯を沸かしつつ、みかんを食べてぼんやり。夕飯が終われば、お酒とおつまみをもってごろごろ。

特別なことはひとつもない。でも大好きなソファがあれば、家でのなんてことない時間がまるで映画のワンシーンのよう。朝晩ソファにうずくまって、ブランケットにくるまれていると、こういう毎日ってわるくないなあと思うのです。

 

というのも振り返れば昨年は、明日から仕事始めという日にジムで左膝を痛めてしまうところから始まりまして。

よくよく検査したら、高校のバレーボール部時代の怪我で、もう完治しているつもりでいたのですが、半月板と前十字靭帯を損傷しているとのこと。

スポーツニュースでしか見たことのない、まるでプロのアスリートのような展開に我ながらビックリしましたが、筋力も関節も回復が期待できるから治療しましょう、との診断で、あれよあれよという間に手術と2週間ほどの入院生活を計2回、経験したのでした。

手術のあとは、リハビリに励む日々。足を曲げるのも伸ばすのも想像よりずっと大変で、なかでも退院後1ヶ月半ほどの松葉杖生活のあいだは、必需品を買いに行くのも、家事をするのも一苦労。

おかげさまで、いまは日常生活は滞りなく過ごせるようになりましたが、家族や友人にほんとうにたくさん助けられました。

 

そんなハプニングを経験をして心底思うのは「無理はできないんだなあ」ということ。

頑張りたくても、体力や気力が追いつかないことがある。前向きでいたくても、ときにイライラしてしまうこともある。人に迷惑をかけたくないのに頼らざるを得ない。そういう自分が情けなくなったことが何度もありました。

たびたび落ち込んだり、焦ったりするわたしを見かねた友人が「ゆっくりじわじわ進むのって難しいものだよ〜、自分を甘やかしてあげて」と声をかけてくれて。

そのときはピンと来なかったのですが、一年という時間を経てみると、他ならぬ自分くらいは、できない自分を受け入れてあげてもいいんじゃないか、という気になってきました。

決して開き直るのではなく。このままじゃダメだと否定するのでもなく。至らないところはあるし、変わるべきところもあるけれど、わたしはわたしだとただ寄り添って受け止める。一番近い距離で。

わたしを丸ごとすっぽり包んでくれるソファに身を委ねていると、そんなやわらかな気持ちが湧いてくるような気がします。

ひょっとすると、これまで長いこと「このままじゃいけない」と、そのつもりはなくとも自分に無理をさせていたのかも。頑張るのはいいけど、自分を否定してまですることじゃない。そんなふうに思えることが増えて、気持ちがラクになりました。

特別じゃなくていいから、優しい気持ちでいたい。

なんてことない日の朝と夜。ラクダ色のやわらかなソファで過ごす名もなき時間が特別に感じるのは、そんな決意を静かに思い出させてくれる瞬間だからなのかもしれません。

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

おすすめ紫外線対策
サッとひと塗りするだけ◎「パウダータイプ」のUVケアアイテムをスタッフが試してみました [SPONSORED]

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

COLUMNカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像