【二品鍋】第1話:「具材2つ」で大満足!鶏もも肉とたっぷりネギの和風レモン鍋

編集スタッフ 奥村

今年も鍋の季節。手軽でおいしくて温まる鍋は冬の鉄板メニューです。

毎年この時期には、テンションの上がる鍋。けれど冬が深まるにつれ、味付けや具材にだんだんマンネリしてきてしまう……なんてことはないでしょうか?

できれば家にある調味料で、鍋レパートリーをもっと増やしたい。

そこで今回は「冬は毎日、鍋でもいい」ほど鍋好きだという料理家・黄川田としえ(きかわだ としえ)さんに、鍋レシピ4品を教わりました。

基本の具材はなんと2つ。買い物いらずでできる、シンプルなのに食べごたえばつぐんの鍋レシピ、この冬ぜひお試しください。

1品目は、レモンの酸味が効いた爽やかな鶏鍋です。


レモンと和風だしが相性◎
「鶏もも肉とたっぷりネギの塩レモン鍋」


 

材料(1〜2人分)

鶏もも肉…300g
長ネギ…1〜2本(お好みの量で)
レモン…1/3個

かつおだし…(顆粒だしを水に溶いてもOK)…400ml
酒…大さじ2
しょうゆ…小さじ1
塩…小さじ1/3

【下準備】
・鶏もも肉は肉からはみ出た余分な皮を切り落とし、ひと口大に切る。
・長ネギはななめ薄切り、レモンは外皮をむいて輪切りにする(無農薬のものは皮ごとでOK)

 

作り方

1.鍋にかつおだし、酒、しょうゆ、塩を入れて中火にかけ、沸騰したら鶏肉を加え、ふたをして15分煮る。

▲途中、ふたを開けてアクがでていたら取り除く

2.鶏肉に火が通ったら、鶏肉の上にレモンを並べ、

さらにねぎをたっぷり加えて、ねぎにシャキシャキ感が残る程度まで火を通せば、できあがり(レモンを皮ごと使用する場合は、長く煮込むとエグみが出てきてしまうので、さっと火が通ったこの時点で取り出す)。

 

黄川田さん:
「鶏もも肉はある程度皮を残して使った方が、肉の旨味が出ておいしく仕上がります。かつおだしと鶏肉のだしが合わさって、シンプルでも旨味たっぷりの味わいです。

ネギはわが家では1人1本はいつもぺろりと平らげてしまうので、途中で追いネギするのもおすすめ。その他に具材をプラスするなら、豆腐やきのこがよく合いますよ。

〆は喉越しのいいうどんやきしめんはいかがでしょうか? レモンの風味でさっぱり、つるりといただけます」

初体験の「レモン鍋」でしたが、お酢とはまた違うキュッと爽やかなレモンの酸味が、鶏肉の旨味と相性ばつぐん。

ぷりぷりの肉とシャキシャキねぎの食感も楽しく、ほどよい酸味で食べ飽きることもなく、いくらでも箸が進みました。

国産レモンが旬を迎えるこれからの時期、尚更おすすめのレシピです。

 

【写真】木村文平


もくじ

 

料理家・フードスタイリスト。雑誌やweb、広告などのメディアでレシピ開発・フードコーディネートなどを手がけるほか、子どもと一緒に作る料理教室や、子どもの心と体の成長をサポートするワークショップ、企業とコラボしたレッスンを不定期で開催する「tottorante」主宰。HP:https://toshiekikawada.com/。Instagram:@tottokikawada


本日の編集部recommends!

スタッフの家ごはん
暮らしが変わって、食事にも変化はあった? スタッフ2名の「ごはん事情」【SPONSORED】

小物でたのしむ、冬の装い
はじめてさんにも取り入れやすいお洒落な「はらまき」など、あったかアイテムが入荷中です!

残りわずかのアイテムたち
ストラップ付きスカートや、ポケットショールのブルーなどが在庫わずかとなりました!

【動画】わたしの朝習慣
美味しい卵とコーヒーを欠かさずに。職場も同じ双子の姉との暮らし

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像