【57577の宝箱】空腹がからだの中を駆けていく 満ちる予感でくすぐりながら

文筆家 土門蘭


最近、あまり食欲がない。
夏バテのせいだろうと思い、特に気にせずに過ごしていたのだけど、この間体重計に乗ってみたらここ1か月で2キロ痩せていて、「まずい」と思った。

と言うのも、ここ数年、私の体重は少しずつ落ちていっている。この5年で6キロほど減っているので、合計8キロ。当然のことながら、見た目もだいぶ変わってしまった。

久しぶりに会う人には漏れなく「痩せたね!」と驚かれる。それが肯定的な驚きならいいのだけど、私の場合やつれて見えるらしく「大丈夫?」「ちゃんと食べてる?」という言葉がついてくる。

毎日三食食べているし、健康診断でも何も異常はない。だけど、どんどん痩せていく。
痩せ始めたのは、文章を書く仕事を始めてからなので、それが理由かもしれない。文章を書くのにすごくエネルギーを使うのか、それともデスクワークなので運動が足りないのか。どちらもな気がする。

痩せると体力が本当になくなってしまう。かなり疲れやすくなったし、頑張った翌日のリカバリーも遅くなってきたし……。
なにより「まずい」と思うのは、気持ちの面でも疲れやすくなってきたことだ。「面倒くさい」とか「もう無理だな」とか、すぐに思うようになってきた。体と心が繋がっているというのは本当なのだろう。

私は体重計の数字を見ながら、「よし」と思った。よし、これはもう本気を出すしかない、と。今度こそ本気で体を鍛えて、体力をつけてやる。

それですぐ、自宅近くにあるパーソナルトレーニングを検索してみた。ジムやジョギングなど、一人でやるタイプの運動が続かないのは、これまでの経験から実証済みだ。残された道は、マンツーマン指導しかない。誰かと約束をすれば、きっと続くだろう。

私は家から自転車で15分ほどのところにある施設に、体験の予約を入れた。
もうそれだけで一仕事終えたような気がして、なんだか気分が良かった。

§

私の担当についてくださったのは、私より年下の男性だった。当然のことなのだろうが、体が鍛えられていて姿勢がいい。メタルバンドのTシャツを着ていたので、ちょっと強めに見え、最初は緊張したけれど、話すと穏やかで人当たりのいい方だった。

「パーソナルトレーニングを通して、どんな風になりたいですか?」
と聞かれたので、
「体力をつけたいです」
と答える。
「あと、健康的に体重を増やしたいです。筋肉をつけたいって言うよりは、女性らしい体つきになりたいって言うか……​​​​」
体をどうしたいかなんてあまり口に出したことがなかったけれど、言葉にするとなんだかできそうな気がするから不思議だ。
彼はふんふんとメモをとりながら聞いてくれる。そのほかにも、これまでのスポーツ歴や今の生活スタイルなどを答えた。

さっそくトレーニングが始まる。私は大きな鏡の前に立った。
家の小さな全身鏡で見るのとは違って、周りのものやトレーナーさんも一緒に映ると、自分の大きさがより正しくわかる気がする。

その中にいる自分は、いつもよりもずっと痩せて小さく見えた。
「ああ、かなり痩せたな」
と、改めて思った。結構ショックだった。

私ってこんな体をしていたんだな。こんなに変わったんだな。これはまあ、みんな心配するよな。
数字でしか見ていなかったけれど、ようやくその変化を実感できた気がした。

本当に、私の体は変えられるんだろうか?
さっき言葉にした理想の自分像が、急に現実味のないものに思えてくる。だけど、やるしかないのだ。今何かを変えないと、未来の私も絶対に変わらない。

「じゃあ、ストレッチから始めましょうか」
私は「はい」と答えて、黙々と彼の言う通りに動いた。

§

自分でも時折YouTubeを見ながら筋トレやストレッチをするけれど、人に直接教わりながらだと、その何倍も体が動かされる気がする。

この日は20分くらいしか動いていないのに、終わる頃には息が上がり汗もかいていた。体じゅうのいろんな筋肉が、久しぶりに動かされてびっくりしているような感覚がする。

「体、もっと動かさないともったいないですよ」
最後にトレーナーさんにそう言われた。
「体って、動かせば動かすほどイキイキしてくるので。今、気分も良くないですか?」
私は汗を拭いながら、「とてもいいです」と答える。本当に、気分がスッキリしていて明るくなっている。
「多分、これが終わったらお腹も空いてきます。ご飯もおいしいと思います」
そう言って、トレーナーさんはにっこりした。

私は入会金を支払い、次回の予約をしてジムを出た。
時間はお昼時。確かにお腹が空いている。そんな感覚は久しぶりで、体が動いているんだ、と思った。
動いているからエネルギーが減って、お腹が空いて、何かを食べたいと思う。自分の体がちゃんと動いている感覚。ぐるぐると循環している感覚。

「体って、動かせば動かすほどイキイキしてくるので」
本当にその通りだなと思う。体とつながっている心も、なんだかイキイキとしている。

久々に味わう空腹の感覚が嬉しくて、私は「何を食べよう」と考えながら、ウキウキと街を歩いた。

 

“ 空腹がからだの中を駆けていく満ちる予感でくすぐりながら ”

 

1985年広島生まれ。文筆家。京都在住。小説、短歌、エッセイなどの文芸作品や、インタビュー記事を執筆する。著書に歌画集『100年後あなたもわたしもいない日に』、インタビュー集『経営者の孤独。』、小説『戦争と五人の女』がある。

 

1981年神奈川県生まれ。東京造形大学卒。千葉県在住。35歳の時、グラフィックデザイナーから写真家へ転身。日常や旅先で写真撮影をする傍ら、雑誌や広告などの撮影を行う。

 

私たちの日々には、どんな言葉が溢れているでしょう。美しい景色をそっとカメラにおさめるように。ハッとする言葉を手帳に書き留めるように。この連載で「大切な言葉」に出会えたら、それをスマホのスクリーンショットに残してみませんか。

 


本日の編集部recommends!

ごはん作りの相棒
一台でフライパン&鍋の代わりに! 毎日の料理を支える調理器具を見つけました【SPONSORED】

15周年感謝祭スタート!今ならクラシ手帳つき
このたび日頃の感謝を込めて、税込5,000円以上のご注文で送料無料になるキャンペーンを開催いたします!

開店15周年記念アイテムつくりました
これまでも、これからも、ずっと好き。 特別な「ガラスの花びん」をお届けします

【動画】動画で大試着会!
秋いちボトムス。今年はどの色、どのサイズにしよう?スタッフ10名が登場です。

CULTUREカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像