【プチ特集】今年こそ「すてきなキッチン」をつくりたい!

編集スタッフ 津田 編集スタッフ 津田

kitchencontents_blogtop2_141217

明けましておめでとうございます。
本年も当店をどうぞよろしくお願いいたします。

新年を迎えると
気持ちが新たになるからか
インテリアや暮らしの道具たちを
少し見直してみたい気分になりますよね。

そんな気分のときに
小さなヒントを見つけられそうな
過去の特集をご紹介します。

これまで当店でご紹介してきた
さまざまな方のお家の中から
「キッチン」にフォーカスを
当ててみたいと思います。

年始の営業は1月6日からの予定ですが
お休みの間にすこしでも楽しんでいただければ
うれしいです。

 

#01 暮らしを楽しむためのDIYが
詰まったキッチン

こちらはスタイリスト・石井香苗さんの
ご自宅のキッチンです。

ishii_kitchen1

石井さんは、インテリアを中心にスタイリスト
として雑誌や広告などでご活躍され
“ライフスタイルをDIY”をコンセプトにした
女性のためのWebマガジン
『Love customizer』(ラブ カスタマイザー)
も主宰していらっしゃいます。

そんな石井さんのお住まいは
数年前出会って自分好みに
リノベーションした中古物件。

こちらのキッチンは石井さんの
「暮らしを楽しむためのDIY」の
要素が詰まっているスペースなんです!

ishii_kitchen2

ishii_kitchen8

ご自身で選んだ壁の六角タイルは
昭和時代のデッドストック。
壁の色も以前は淡い水色だったそうなんですが、
最近イメージチェンジで
大人っぽいルビー色に変更したとのことです。

また、写真にある棚たちは
ご自身で壁に打ちつけた
お気に入りの収納スペースだそう。

コーヒーフィルターが掛かっているのは
なんとトイレットペーパーホルダーだったもの。
自由な発想のパーツ選びも、楽しそうですね!

ishii_kitchen4

食器の収納は背の低い棚や
カゴや箱にざっくりと。

こうすることで壁面を有効に使えるし
棚の上にちょっとした物を置いたり
空間に気持ちの良い「抜け」ができて
お部屋の見え方が変わるのだとか。

石井さんのキッチンを見ていると
使いやすさを考えて、小さなことでも
実行してみることの楽しさが
グングン伝わってくるようで
今年こそDIY!という気分になりそうです。

 

#02 花が身近にある、
お客さま参加型のキッチン

こちらはフラワースタイリスト・平井かずみさんの
ご自宅のキッチンです。

hirai_kitchen5

平井さんはご主人とともに開いた
「café イカニカ」を拠点に
お花の教室を定期的に開催しながら
雑誌の連載やイベント、ラジオ番組など
多方面で活躍されています。

平井さんのご自宅には
『日常とお花が寄り添っていく』ような
シンプルでハッとするアイデアが
随所にちりばめられていました。

hirai_kitchen2

hirai_kitchen6

キッチンのちょっとしたスペースに
お花やハーブが小瓶で飾られていたり。
石けんの上にちょこんとハーブが
添えられていたり。

石鹸で手を洗うときに、
ハーブも一緒にもみ込むと
ほんのりいい香りがするのだそうです。
これは試してみたくなるアイデアでした!

hirai_kitchen8

そして「お客さまを呼ぶのが大好き」
という平井さん。

来られたお客さまも自然に手伝ってもらって、
一緒に気軽に楽しみたいとの想いから
食器類などを分かりやすく収納することを
心がけているそうです。

トレーの上には湯のみがこんな感じに
いつもスタンバイしてあって、
お客さまにご自由に使ってもらうそう。

hirai_kitchen7

お客さまを呼ぶのが大好きな
平井さんの工夫が詰まったキッチン。

ハーブやお花がさりげなく添えられた
清々しい空間がとても心地よく
今年のわが家のキッチンでも
試してみたくなるアイデアがたくさんでした。

 

#03 家族のコンディションを
整えるためのキッチン

こちらは、少し前の特集
コンディションを整える日々の習慣」に
ご登場いただいた、文筆家・編集者の
小川奈緒(おがわ なお)さんのご自宅のキッチンです。

「食べるものが、自分のからだをつくる。」と
考えていらっしゃる小川さんのキッチンは
ご自身とご家族のコンディションを整えるための
大切なごはんをつくる場所。

ogawa_kitchen1

締め切りや、集中して書きたいときなど
定期的に訪れる忙しい時期。

そんなときには
忙しくなる前の週末にカレーやスープ、
トマトソースなどを作りおきしておいて
温め直しながら数日間食べられるように
しておくのだそうです。

居心地がよいキッチンであれば
まとめて作り置きをする料理の時間も
楽しくなりそうですね。

ogawa_kitchen4

 

#04 賃貸でもできる、
暮らしを楽しむためのキッチン

こちらは当店スタッフの齋藤の
自宅のキッチンです。

書籍「心地いいすっきり暮らし」で
紹介した物件の前に住んでいた家の
キッチンの様子です。

saito_kitchen1

賃貸の物件でよく見かける
吊り下げラックのあるキッチンです。
アイテムが並んだ様子が、なんだか
かわいいし、整然とみえますね。

全体的に見えるものは白でまとめて
水切りかごや炊飯器など
生活感があるアイテムたちは
使うときに出すようにしているのが
すっきりと見えるポイントのようです。

saito_kitchen3

そしてシンクの後ろ側には、
こんな楽しいコーナーが広がっています。

実は、ここは本棚の背中部分なんです!
リビングに入ると、すぐキッチンが見えて
しまうので、本棚で目隠しをしつつ
その裏にDIYでこのコーナーを作ったのだそう。

賃貸の物件ですと、壁に釘を打つのは
なかなか、はばかられるものですが、
家具の裏を使ってDIYをするのは
すこし気軽に真似できるアイデアですね。

 

◎おまけ◎
新年に迎えたい、キッチン道具たち

最後におまけとして
当店で販売しているアイテムの中から
新年のキッチンに迎えたい道具たちを
ご紹介します。

無水鍋や土鍋などの
ちょっぴり上質なアイテムから
一新すると気持ちがよいキッチンクロス、
シンプルな佇まいがステキな
水切りかごや計量スプーンなどなど
ずらりと集めてみました!

▼こちらのバナーよりご覧ください。newyear_grtop550185_141217

 

おわりに

家やキッチンって
住まう人によってさまざまですが
こちらで紹介した方々の
それぞれの工夫がとても楽しそうで
わが家のキッチンも見直したい!と
やる気がぐーんとアップしました。

皆さまにとっても
心地よいキッチンが見つかりますように。

それでは新年の営業再開後も
たくさんの特集をお届けしてまいりますので
ぜひ楽しみにお待ちください!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回ご紹介したキッチンはこちらの特集で
くわしくご覧いただけます。↓↓↓

ishiisan_main_130805

hiraikazumi_main2_201310

condition_tokusyuuichiran_1407

saitohouse_main_20130617

———————————————–

nenmatsuyasumi_141226


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

Today’s selection
新しい暮らしにおすすめしたい、心がはずむアイテムを集めました。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像