【料理家さんの定番おやつ】ふるふる美味しい、わらび餅

編集スタッフ 津田 編集スタッフ 津田

kurokawaoyatsu_5_1文・写真 スタッフ津田

黒川愉子さんに教わる
夏休みのおやつ「わらび餅」

料理家・黒川愉子(くろかわゆうこ)さんに教わる子どもと食べたい夏休みのおやつ、5つめはわらび餅です。

ふるふるとした食感が美味しいわらび餅。おうちで手づくりできたら嬉しいですよね。

なんとなく作るのが難しそうにも思えますが、実は材料は4つだけで、お鍋ひとつで混ぜてバットで冷やすだけ、と手軽にできるんです。

さっそく、作り方をどうぞ。

 

材料(12.5×15.5×深さ約2cmのバット1つ分)

わらび粉…50g
きび砂糖…80g
水…300ml
きな粉…適宜

◎下準備◎
バットにきな粉を広げ入れておく。

kurokawaoyatsu_5_3

 

作り方

[1]鍋にわらび粉、きび砂糖を鍋に入れ、水を注いでヘラで混ぜて溶かす。

[2]鍋を中火にかけ、とろみがつくまでヘラで大きく混ぜたら、火を弱めて、さらに半透明になるまで、鍋底から混ぜ続ける。

[3]きなこを広げたのバットに2を流し入れ、上からもきな粉をふる。

[4]粗熱がとれたら、冷蔵庫で30分ほど冷やし、カードで切り分ける。

kurokawaoyatsu_5_4

 

黒川さんからの、ひと言アドバイス

kurokawaoyatsu_5_2

黒川さん:
「わらび粉は製菓材料店で手に入りますので、ぜひ探してみてくださいね。

切り分けるときに包丁ではなくカードを使えば、お子さんと一緒でも安心して作業ができますよ。

作りたてが美味しいのでおすすめですが、保存するときはラップなどでくるんでおいてください」

 

kurokawaoyatsu_5_5

黒川さん:
「お好みで黒みつを添えてください。

もし手づくりされる場合には、黒糖50gと水30mlを小鍋に入れ、黒糖が溶けるまで弱火で煮詰めたら完成です」

※今回、登場した器や布:黒川さん私物

 

kurokawa_profile_201507r

439114364X ちっちゃなチーズケーキの本 
黒川 愉子
主婦と生活社
4391633906 ホーローバットで作るうちのお菓子
渡辺 有子
中川 たま
飯塚 有紀子
山戸 ユカ
坂田 阿希子
黒川 愉子
磯谷 仁美
主婦と生活社

 

▼本特集のほかのレシピは下記よりご覧いただけます。kurokawaoyatsu_tokushuichiran_1

 

 


本日の編集部recommends!

これからの洗剤選び
一番よく着る服が、一番きれいにしたい服。 [SPONSORED]

本日の再入荷
マリメッコのミニトートが再入荷!炊飯用土鍋やすり鉢などキッチンアイテムも入荷中です!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像