【スタッフのアイデア帖】30代からの「趣味」探し。私たちが30歳・32歳・42歳で始めたこと。

編集スタッフ 津田

syumisagashi_160308_5

大人になった今こそ「趣味」がほしい

趣味のじかんって、いいものですよね。

仕事でも、家事や育児でもない。シンプルに「好き」「楽しい」という気持ちだけで取り組む、あくまでも「自分」のための時間。

わたし自身、大人になり働きはじめてから、そんな時間を持つことの貴重さをますます感じています。

そこで過去のコラムの中から、当店スタッフが大人になってから始めた「趣味」を3つご紹介したいと思います。

 

(1)30歳ではじめた「週末限定ランニング」

colum_nishino1202_1

かつて挫折したランニングに再挑戦

体を動かしたいな~とふと思ったことがきっかけで、ランニングに挑戦しているというスタッフ西野。

そんな彼女も、社会人になってから幾度となく運動不足を実感し、ジムに入会したり、ヨガをやってみたりしたものの、なかなか続かずに挫折してきたと言います。

かつて買ったヨガパンツとランニングシューズを見るたびに、心のなかには罪悪感が…。

ある時ふと、これらを使えばお金をかけずに運動できるし、道具を揃えたものの続かなかったという罪悪感を払拭できるかもと思い立ち、まずは無理のない程度に週末限定でランニングを始めたようですよ。

いざランニングをしてみた様子はどうだったのでしょうか?

★詳しい内容はコラムにて。

 

(2)32歳ではじめた「手づくりアクセサリー」

2015-08-19-07.17.50-1

たまたま寄った手芸屋さんがきっかけ

自分の身の回りにあるものの大半が手作りだということに気づき、最近その良さをしみじみ実感しているというスタッフ田中。

そんな思いもあり、すこし前にピアスの穴を開けたので、以前買ったイヤリングをピアスに自分で変えようと手芸屋さんに立ち寄ったそうです。

「こんなに材料ってあるんだ!しかもリーズナブル!」と驚き、それ以来アクセサリー作りが趣味となっているのだとか。

使わなくなったアクセサリーの材料をバラして、別々で組み合わせてみたり、丸カンや平ヤットコなどを揃えてみたりと、手作りを楽しんでいる様子です。

★詳しい内容はコラムにて。

 

(3)42歳ではじめた「ぬりえ」

nurie_02

そういえば小さいころから大好きだった

色鉛筆やクーピーペンシルを使って一心不乱に色を重ねていく作業がたまらなく好き、というスタッフ上山。

「無心になって1つのぬりえを仕上げていくときの、あの集中力と完成後の達成感。色と色の意外な組み合わせを発見したときの高揚感。」と、ぬりえの魅力を語ります。

友人からプレゼントされた36色入の色鉛筆がきっかけで、「今更だけどやってみたい!」とお店で探してみたら、オトナ用の素敵なぬりえがたくさん見つかったのだとか。

食後や寝る前。すきま時間をみつけては、この「オトナのぬりえ」に向き合うひとときが増えているようです。

★詳しい内容はコラムにて。

 


本日の編集部recommends!

秋冬おしゃれケア
よしいちひろさんの、お出かけ前後の新習慣【SPONSORED】

久々に入荷したアイテムも。今からの準備がおすすめです◎
日々のお掃除はもちろん、年末の大掃除にも活躍! 忙しくなりがちな師走も乗り越えやすそうです。

残りわずかのアイテムたち
ストラップ付きスカートや、ポケットショールのブルーなどが在庫わずかとなりました!

【動画】夜な夜なキッチン
道具の手入れとお魚の勉強。自分の気持ちに耳を澄ます1日の終わり

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像