マイナス3度のインテリア

2017年7月20日(木)

【マイナス3度のインテリア】第2話:日々の食卓も涼やかに♪気分を上げるテーブルコーディネート

編集スタッフ 奥村 編集スタッフ 奥村

_MG_0199_0627

夏の食卓、モチベーションを上げるには?

全3話で、夏の室内を心地よくしつらえるアイデアを、インテリアスタイリストの大谷優依(おおたに ゆい)さんに伺っています。

涼しいインテリアの秘訣を聞いた第1話につづき、第2話では、食卓とキッチンの工夫を聞きました。

暑さで食欲も減退する夏は、食事や料理に対するモチベーションも下がりがち。

気分を上げるための「涼しさ」を生み出すポイントは、身近なところにありました。

 


「マイナス3度」を感じる
食卓のしつらえアイデア


 

器のラインナップを変えてみる

_MG_0114_0626▲上段右から2番目が「Fresco」の皿。左隣は錫製のおちょこ。手前右は、鹿児島睦さんの青い模様が涼しげな器。

食卓を涼しげに変えたいなら、まずは器のラインナップを変えること、と大谷さん。

毎年夏ごろに、ガラス素材や薄手の器、青や白など爽やかな色の器を、メインのラインナップに変えるのだと教えてくれました。

大谷さん:
「夏の定番は『Fresco』のガラス皿。フルーツを置いたり、パン皿に使ったり。並べるだけで爽やかな印象になるので、朝の食卓に欠かせません。

また、お気に入りなのが錫(すず)製のおちょこ。冷気の伝わりやすい素材だから、飲み物の口当たりもひんやりするんです。冷酒を注いでの晩酌が、夏の夜の楽しみに」

 

機能的な水出しボトルは2本づかい

_MG_0146_0626

また、大谷さんが夏の食卓に欠かさず使用しているアイテムが、当店でも取り扱いのあるHARIOのフィルターインボトル

大谷さん:
「中国茶が好きで、夏は水出しのウーロン茶が必須(写真右)。機能的で見た目も涼しげなフィルターインボトルは、夏のあいだは2本をフル稼働させています」

写真左のフレーバーウォーターは、おもてなしにも便利でよく作るそう。

大谷さん:
「ミネラルウォーターに、輪切りにしたレモンとライム、ミントを適量入れて、30分ほど置いておくだけで出来上がりです。

口当たりがさっぱりしているから、肉料理にもぴったり。好みのフルーツとハーブを入れてアレンジしてみるのも楽しいですよ」

 

製氷皿で作る「花氷」で、食卓に彩りを

_MG_0137_0626

冷凍庫から出てきたのは、目にも華やかな氷。かわいらしい見た目に、スタッフの間でも歓声があがりました。

大谷さん:
「スーパーなどで買える『食用花』を、水と一緒に製氷皿に入れて凍らせたもの。使い切れずに余ったミントなどのハーブや、カットフルーツを入れてもきれいです。氷が溶けていくさまも涼しげですよ」

冷たいドリンクに浮かべてサーブすれば、食卓に一気に「涼感」が。

製氷皿ひとつあれば1時間足らずで作れるから、急な来客の際にも便利です。

 

クロスはあえて「長め」が涼しげに

_MG_0122_0626

食卓の雰囲気が変わるテーブルクロスも、夏は積極的に取り入れるそう。

大谷さん:
「クロスもブルー系で、シャリ感のあるリネン素材を選びます。あえてテーブルより少し長めのものを敷くと、端から垂れて風にそよぐ様子がまた涼しげですよ」

_MG_0179_0626▲いつもの食卓も、器やクロス使いで涼しげに様変わり。

凝った料理がなくたって、食卓へのモチベーションは、しつらえ次第で上げられるもの。

暑い時期こそ、アイテム選びで気分を変えるのはおすすめです。

 

夏でも立ちたくなる、キッチンの工夫って?

_MG_0161_0627

キッチンの不快感も、夏の悩みのひとつ。暑さのせいで立っているのすら辛くなることも。

けれど自宅でも仕事をする大谷さんにとって、キッチンは「気分転換」の場。気分の上がる空間作りを心がけているそう。

_MG_0178_0627

リビング同様に爽やかな空間の中で目を引くのは、大小さまざまな容器に活けられたグリーン!

ここがキッチン?と思ってしまうほどに、緑にあふれた空間です。

大谷さん:
「あえて『立ちたくなる』空間にしたくて。大好きな花やグリーンを、キッチンにも置くようになりました。料理中も視界に入るだけで和むし、気持ちもリラックスするんです。

入れ物は花瓶ではなくても、ジャム瓶やグラスなど、キッチンのスペースに合った大きさのものを使っています」

 

_MG_0173_0627

カトラリーはかごに収納して、シンクの脇に設置。そのほかの細々した調味料は、目につく場所にはおかず、引き出しや棚の中にしまっておくのもこだわりだそう。

大谷さん:
「キッチンに生活感を出しすぎないように意識しています。好きなもの、目にしたい物だけをおもてに。目に入る物が少ないとすっきり開放的な雰囲気になり、涼しく感じられる気がするんです」

_MG_0168_0627

暑さゆえ、夏はどうしても居づらくなってしまうスペースだから。

たとえばグリーンやお花など、好きなものを置いた自由な空間を意識してみれば、キッチンにも新しい居心地が生まれるかもしれません。

つづく第3話では、くつろぎの空間、リビングと寝室スペースの涼しさの作り方をお伝えします。

 

(つづく)

【写真】有賀傑

 


もくじ

第1話(7月19日)
涼しさは「色の引き算」で決まる?マイナス3度の作り方

第2話(7月20日)
日々の食卓も涼やかに♪気分を上げるテーブルコーディネート

第3話(7月21日)
熱帯夜をどう乗り切る?寝室・リビングのしつらえ

 

profile_futura_lineblack

プロフィール画像

大谷優依(インテリアスタイリスト)

デザイン会社勤務を経て、スタイリストに。インテリアやテーブルコーディネートなど、ライフスタイル全般のスタイリングを手がける。雑誌・広告などで幅広く活躍中。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
今日という日は今日しかない。日常の夫婦写真も撮ってみませんか?

Buyer’s selection
クリスマスプレゼントにおすすめのキッズアイテムをセレクトしました!

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪


INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像