【短編小説 |金曜日に花束を】第二話:曇り空のあとに

kim(UHNELLYS)× 花屋 ŒUVRE


第二話:曇り空のあとに

Written by kim(UHNELLYS)/ Bouquet by ŒUVRE


玄関を開けると、配達のお兄さんが大きな箱を持って立っていた。心当たりがなくて伝票を確認すると、差出人はミズキだった。

甘酸っぱい青春を毎日一緒に過ごした私の親友。バリバリ働く彼女に何となく遠慮して、いつからか連絡を取るのをためらうようになった。最近は全く会っていない。

受け取りにサインをして、箱を開けてみると、それは大きな花束だった。

「うわあ!」と思わず声が出る。手にとって、目をつむり花の香りをゆっくりと吸い込む。この部屋に花の香りがするのはすごく久しぶり。花瓶をどこにしまったかも思い出せないほど。

花束に結ばれていたのはバースデーカード。そこで気づいた。今日は私の誕生日だった、と。

あれからちょうど一年。また誕生日がやってきた。去年はあの花束のおかげで幸せな気持ちで過ごすことができた。

その後、ミズキと数年ぶりに会うことになって、顔を見た瞬間お互い泣き出してしまった。「ありがとう、なんかごめんね」と言い合いながら、あの頃のように心がゆっくり溶け合うのを感じた。

ミズキは仕事のできそうな大人の女性になっていて、時折疲れた表情をするのが気になったけど、中身は昔と変わらず穏やかで優しかった。

それから私は部屋に花を飾るようになった。花屋さんで買うときもあれば、子供との散歩で小さな花を摘んでくるときもある。花があるだけで、少しだけ生活が色づく気がする。

花を飾っていることに、夫は気づいているのだろうか。

夫とすれ違い始めたのはいつだろう。お互い育児や仕事に夢中だった。それ以外にも考えられる理由は沢山ある。でもはっきりとは分からない。

いつからか携帯をずっと眺めている夫を止めなくなった。「行ってきます」の声を背中で聞くようになった。今も変わらず大好きなのにうまく伝えられない。もうすぐ24時。子供の静かな寝息が聞こえる。このままで良いのかな、とぼんやりとしながら私はまた年をとる。

すると玄関が乱暴に開いた音がした。いつもと様子が違ってバタバタしている。どうしたんだろう、と思っていると、急ぎ足で夫が部屋に入ってきた。手には大きな花束を抱えている。

「ああ間に合った、誕生日おめでとう!」腕時計を見ながら彼は言った。私は驚いてしまって言葉が全然出てこない。ただ彼に抱きついて思いっきり泣き続けた。

「去年友達に花束をもらって、あんなに嬉しそうだったからさ。なんか悔しくてね」。返事をしたくてもまだ頷くしか出来ない私を、彼は強く抱き締めてくれた。

このままでも良いのかも。花の香りに包まれながら、私はそう思った。

(つづく)

【ダウンロード方法】
1. 上の画像をクリックし、壁紙用の画像を表示します。
2. 壁紙用の画像をスマートフォンに保存します。
3. 保存した画像を、壁紙に設定してください。
※画像の保存方法や壁紙の設定方法は、お使いのスマートフォンの説明書等をご覧ください。
※壁紙のサイズは750px×1334pxになります。

 


もくじ

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

CULTUREカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像