【訪ねたい部屋】第3話:少しくらい不便でもいい。「10年後、今よりもっと家が好き」と感じるためにできること

ライター 藤沢あかり

友人の部屋を訪れたときの、わくわくするような気持ち。そこには、「その人らしさ」を知る嬉しさや楽しさがあるのかもしれません。

お宅を訪問し、インテリアを拝見しながら「その人らしさ」を紐解く特集「訪ねたい部屋」を全3話でお届けしています。

イラストレーターの大森木綿子さんのお宅をご紹介している3話目では、住み続けて10年の節目を迎えたこの家への思いを伺いました。

 

10年経っても未完成。それが家づくりのおもしろさ。

▲ガラス張りのバスルーム。壁は居室と同様にモルタル仕上げです。

今年ちょうど10年目を迎えたというこの家で、何かこれから手を加えたいところはありますか?と大森さんに尋ねてみました。

すると思わぬ答えが。

大森さん:
「実は洗面所にもお風呂場にも、まだミラーがないんです。夫は、すぐ横のトイレにある鏡でヒゲを剃っている状態で(笑)」

▲洗面所は、1階の玄関脇に。ニッチのような収納棚は、実は玄関と洗面所を隔てる靴箱

気に入ったものがなかなか見つからなくて、と笑う大森さんですが、この家に越してきて10年。それは、大森さんが住まいに求めるものを「じっくり」探しているからにほかなりません。

▲洗剤やタオルなどのストックも多くは持たず、とはいえ少ない数にこだわりすぎず。住まいの大きさに合わせて、無理なく心地よく暮らせる数を保っています。

必要だと感じたその瞬間に、指先タッチひとつで玄関まで届く今の時代。その便利さや手軽さも魅力的ですが、「欲しい」と「手に入れる」の間にある時間を今より少しだけ大切にすることで、暮らしの質は大きく変わるかもしれません。

 

使いやすさに素直に従ったら、こんな配置に

大森さんの自由な発想は、ちょっとした日用品の配置にも潜んでいました。

家電やキッチン雑貨を置く、コンロやシンク下のスペース。

オーブンや食洗機に混じって、仕事に使うプリンターもここにしまっています。

さらには、アイロンやドライヤーもキッチンにしまってありました。

▲シンク下のスペースに顔をのぞかせるアイロン。となりの木箱には、ドライヤーがしまってあります。

大森さん:
「プリンターは、ダイニングで作業をしているので、ここにあると都合がいいんです。ドライヤーも洗面所で使うよりも便利なので、こっちに持ってきました」

暮らしの中で、ちょっとした違和感や些細な気づきに耳を傾けると、収納は自分たちらしく、どんどん進化していきます。

▲ダイニングテーブルの上に置いた箱の中には、色鉛筆や絵の具などの画材を。

▲このフロアの収納スペースは、キッチン脇、階段の踊り場にあるこの納戸のみ。器や食品のストック、実用品である冷蔵庫をここに収めることで、お気に入りだけが目に触れるキッチンを叶えました。

 

少しくらい不便だっていい。「好き」のアンテナを信じて

「多少不便でも、自分たちが好きだと思えるもののほうがいいのかも」と大森さん。

不便をカバーする小さな工夫やこだわり。その重なりがその人らしさを生み、どこの誰でもない唯一無二のオリジナルな住まいを生み出します。

大森さんのお宅に入ったとき感じた、テイストに縛られない自由さと、そこかしこに息づく生活感。その答えが少しだけわかった気がしました。

LDKが狭いから、北向きだから、キッチン収納があまりないから。

住まい探しをするとき、ついつい減点方式にしてしまいがちですが、大森さんのように、まずは「好き」の優先順位を決めてみるのはどうでしょう。

自分たちの気持ちに素直に従いながら始まった、大森さんの住まいづくり。

「好き」を信じて選んだキッチンや壁のモルタル、床や家具の無垢材は、生活の中の小傷やシミもスパイスにして、味わい深く育ってきました。

「10年が経ち、今も楽しく暮らせているから良かった、って思います」と話すその表情は、とてもリラックスしていて、我が家への愛着に満ちていました。

(おわり)

【写真】鍵岡龍門

 


もくじ

第1話(10月24日)
物件選びは「光と窓」を重視。65平米のコーポラティブハウスでの暮らし

第2話(10月25日)
部屋づくりはダイニングテーブルから。家づくりで諦めたこと、譲らなかったこと

第3話(10月26日)
少しくらい不便でもいい。「10年後、今よりもっと家が好き」と感じるためにできること

 

profile_futura_lineblack

大森木綿子

「心に浮かんだことや身近なもの」をテーマに、柔らかさと透明感に満ちたタッチで描くイラストレーター。紙雑貨やテキスタイル、書籍の装丁、パッケージデザインなど、暮らしをそっと彩る作品を生み出している。2018年11月20〜30日まで、千葉県習志野市のギャラリー『and R』にて企画展を予定。

 

ライター 藤沢あかり

編集者、ライター。大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。

 

 


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

本日の再入荷
スウェーデンのキッチンラグやムーべのフレームなど北欧アイテムが続々入荷中です。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像