【僕のおやつ日記】シンプルゆえの奥深さ。お菓子の材料、こだわってます。

OYATSUYA SUN 梅澤 OYATSUYA SUN 梅澤

こんにちは、OYATSUYA SUNの梅澤です。

焼き菓子の原料は基本的に、小麦粉・バター・卵・砂糖の4種類。

そこへフルーツやナッツなどを組み合わせていくのですが、この基本の4種の原料によって味わいが大きく変わります。

▲ニュージーランド産のバター。発酵バターではありませんが、風味が強く、シンプルなケーキのアクセントになります。

例えば、同じレシピで作ったとしても、北海道産の小麦粉とフランス産のものとでは、食感や香り、生地のキメの細かさなど、細部の仕上がりが変わってきます。

バターも、産地や製法によって焼き上がりの風味がずいぶん変わります。特に「発酵バター」と呼ばれるヨーロッパでよく売られているバターは香りや風味が強く出ます。

最近は、この基本となる4つの原料を改めて見直し、今まで使っていなかったものも積極的に試し、新たなお菓子作りに挑戦しています。

写真のクッキーは、すべてフランス産の小麦粉と発酵バターでつくった詰め合わせ。

バターの風味がよく、サクっ、ほろっとした食感に仕上がっていて、いつもお店でお出ししている焼き菓子やクッキーに比べ、繊細で少しだけフォーマルな印象なんです。

(※桜新町ヴィオレットでのマンスリーポップアップストアでのお取り扱いとなります。北欧、暮らしの道具店での販売予定はありません。)

 

焼き菓子のお砂糖にも一工夫を

こちらのスコーンは、オーブンに入れる直前に自家製のバニラシュガーを振りかけています。

黒いプチプチとしたバニラビーンズは、文字通りバニラの種なので、元々はエンドウ豆のようにサヤに入っています。お菓子に使うときはそのサヤからビーンズをこそぎ取って使うのですが、実はこのサヤこそがいい香りの元なんです。

ただ、サヤ自体は香りこそいいものの、食べるには硬すぎるため、お菓子には混ぜ込めません。

そこで、OYATSUYA SUNでは、砂糖の瓶にこのバニラのサヤを刻んで混ぜ込み「バニラシュガー」をつくって、お菓子の材料に。

スコーンの仕上げに振りかけたり、パウンドケーキの味の決め手にするなど、余計なものの入っていないシンプルな香りが使い勝手が良く、案外出番が多いのです。

ちなみに作りかたはとても簡単。

バニラのサヤをハサミで切って、砂糖を入れた瓶に入れるだけ。1週間ぐらいで香りが砂糖に移ります。容器にバニラの香りがつきやすいので、ガラス製のもので作るのがおすすめです。

バニラさえ手に入ればご自宅でも簡単に作れるのでぜひつくってみてくださいね。

シンプルゆえに、材料一つで大きく味の変わる焼き菓子の奥深い世界。

まだまだ探求は続きそうです。

▼今の季節にぴったりの華やかなグラノーラが登場です!

▼OYATSUYA SUNの公式インスタグラムでは、コラムには書かなかった裏話や工房の様子などを毎日更新しています。こちらもぜひご覧ください!
160809oyatsuyasun_instagram_banner


本日の編集部recommends!

新商品
軽やかなスカート、ピンタックブラウス、かごバッグなど。初夏コーデにぴったりのアイテムが登場!

最新の再入荷
すぐ完売してしまったメイクポーチや花柄プレートなど、人気アイテムが再入荷しました。

配信中!
私たちが大好きな「あの人」のいまの生き方に迫る、ドキュメンタリー映像をお届けします!

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像