【お買い物・オブ・ザ・イヤー | キッチン部門】毎日使うものが勢揃い。今年の料理を楽しくしてくれたものは、これでした

編集スタッフ 小林 編集スタッフ 小林

2019年もまもなく終わり。わたしたちも「今年はどんな年だった?」なんて話をすることが増えてきました。とりわけ、その流れでよく話題にのぼるのは、大好きな「お買い物」のこと。

「これ、かわいかったね!」「これがあって助かったんだ〜」などの声が聞こえると、ついつい盛り上がってしまいます。

そこでこの特集では、当店スタッフが今年一番よかった「お買い物・オブ・ザ・イヤー」を、キッチン・ファッション・インテリアの3つの部門にわけてご紹介。

また、同ジャンルの「当店アイテムBEST3」も聞いてきましたよ。

第1話は社内でも評判の食いしん坊スタッフを集めた、キッチン部門から。それではスタートです!

 

料理を格上げする「ミル付き粒コショウ」

DATA:食べることが大好きで、初めての就職先はパン屋さんに。ストイックな性格ゆえ趣味の焼き菓子作りは、もはや研究職のよう。当店でのお買い物もキッチンアイテム率が高め。

「もともとコショウが大好きで、ついつい何にでもかけてしまう『コショウラー』なんです。

これまでは既に挽かれているタイプのコショウを使っていたのですが、『ちょっと気分を変えたいな〜』と思い、近所のカルディで、気まぐれに購入しました。けれどこれが大正解!

ミルつきの容器に入っている一般的な粒コショウなのですが、ガリガリっとその場で挽く動作があるだけで、いつもの料理にちょっとした特別感でるのがお気に入りです。

キッチンでも使いますが、小ぶりなので食卓に置いて『追いコショウ』をすることも。

その場で挽きたてを使うからか、よりふわっとコショウの香りが立つ気もして、もはや普通の粗挽きコショウだと物足りない身体になってしまいました……」

 

「わたし」の当店キッチンアイテムBEST3

DANSKの両手鍋 18cm チリレッド
「火の通りがとってもいいホーロー鍋。煮込み料理や鍋料理に使ったり、ジャムや豆を煮たりしています。このビビッドな赤色が目に入ると、気持ちが明るくなるのもいいところ」

志津刃物製作所「ゆり」シリーズ 菜切り包丁
「とにかく握りやすくて切りやすい!特別感ある見た目も気に入っていて、大事に磨いて育てていきたい大切な料理の相棒です」

わらの鍋敷き 小
「小さめサイズでも安定感が◎。どこかカゴっぽさを感じる佇まいに目が和むところも大好きです〜」

 

ほっとする幸せの「ちょっといい鰹節と昆布」

DATA:お酒とごはんを楽しむ時間が何よりも好き。性格は割と堅実で、地に足のついたタイプだが、フットワークが軽く、美味しいお店をいろいろと知っている。

「当店の特集でも出ていただいた『のみやパロル』の桜井さんに出汁の引き方を教えていただいて、今年は出汁を自分でちゃんと引くようにしているのですが、ちょっといいものを使うと、断然おいしいんです!

高級なもの、というよりは『ちょっといい』がミソ。そこまで高すぎないから意外とケチらず使えるけれど、旨味もしっかりある。

近所のスーパーや、デパ地下などで、気になるものをチェックしています。

最初はちょっと億劫かな〜と思っていたのですが、やってみたら案外簡単で、手軽さは粉末だしとそこまで変わらない気も。

今は週に2〜3回ほど、まとめて出汁を引き、無印良品のお茶ポットに入れて冷蔵庫へ入れるのが習慣になりました。

自分で引いたお出汁で、ほっとするような、おいしいお味噌汁がつくれる幸せを日々感じています〜」

 

「わたし」の当店キッチンアイテムBEST3

野田琺瑯の持ち手付きストッカー 角型
「この愛用コラムに全てが書いてあるので多くは語らないですが(笑)、とにかく最高です。お出汁を引くときにも便利なので、ほぼ毎日使っています」

INTER DESIGN 水切りマット ミニ
「水切りかごの代わりにこれを導入してから、そのあまりの良さに感動しています。吸水性が高く、洗濯機で洗えて、熱湯消毒もできる。これも、ほぼ毎日使っています」※こちらのカラーはお取り扱いなし

DANSKの両手鍋 18cm ネイビー(現在は廃盤)
「これも中が茶色くなってしまうほど、使い込んでいます。野菜を茹でる、パスタを茹でる。カレーやシチュー、スープ、一人鍋にもぴったり。長い取っ手がないから冷蔵庫にも収まりが良く、収納がコンパクトなのもポイントが高いです」

 

もう手放せない「シュロのたわし」

DATA:前職は飲食店の店長。大勢で食べるのが好きで、自宅ごはん会をたびたび開催している。今年担当した特集「台所道具のいろは」をきっかけに、キッチンアイテム熱が再燃。

「今年担当していた『台所道具のいろは』特集で、合羽橋にある釜浅商店さんに取材をしたとき、あまりの便利さに欲しくなり、その場で購入しました。

正直なところ、今まで『たわし』のことをみくびっていたことを謝りたくなるほど、優秀なアイテム。

スポンジでは洗いきれなかった溝の汚れを掻き出す爽快感。洗いにくいピーラーの端っこや、スライサーの刃の部分も、ガシガシ洗えます。

この前は自家製いくらを仕込んだのですが、薄皮や筋がこびりついたザルを洗うときにも、網目にしっかり繊維が入ってくれて、すごく重宝しました。

これだけ頼りになる使い心地なのに、シュロという素材は柔軟性があってしなるので、テフロン加工のフライパンも洗える優しさ。

他にも様々なかたちがあるのですが、これは面が広いタイプだから、よりスピーディーに洗えるところがお気に入りです。

こんな感動的な道具、もう手放せません〜!」

 

「わたし」の当店キッチンアイテムBEST3

ボデガ グラス 220ml
「テーブルが狭くても、小さなこどもがいても、倒しにくく邪魔にならないサイズ感が最高です。重ねて収納できるので場所もとりません。値段もお手頃なので、また買い足そうと計画しています」

wood pecker いちょうの木のまな板 大
「見た目の素敵さだけでなく、使い勝手もいい。刃あたりが柔らかく、疲れにくい。大きい食材を切るのにも便利。一番上の持ち手をフックにかけて、干す収納もできる。かわいいのにできる子です」

la base ステンレス浅型ザル 中
「平らになっているからか、非常に水切れがいい。ボウルにぴったりはまるサイズで、省スペースの仕込みも可能。キッチンペーパーを敷いて、揚げ物用の受け皿としても使えます。すっとした美しいデザインもいい」

***

第1話のキッチン部門、いかがでしたでしょうか?

それぞれに合うものは違うけれど、自分の暮らしにぴったりはまる道具を見つけたときの喜びって、何にも替えられないものがあるよなぁと、しみじみ思います。

続く第2話では、気になるあのスタッフの、お買い物・オブ・ザ・イヤー<ファッション部門>をお届けします。

 

(つづく)

【写真】上原未嗣

 

 


もくじ

第1話(12月16日)
【お買い物・オブ・ザ・イヤー | キッチン部門】毎日使うものが勢揃い。今年の料理を楽しくしてくれたものは、これでした

第2話(12月17日)
【お買い物・オブ・ザ・イヤー | ファッション部門】そっと背中を押してくれるおまもり。毎日にときめきをくれたファッションアイテム

第3話(12月18日)
【お買い物・オブ・ザ・イヤー | インテリア部門】なくてもいいけど、あったら嬉しい。楽しい「暮らし」のお買い物

 


本日の編集部recommends!

大人のヘアケア 
だんだん変わる、髪の悩み。元美容師で2児の母・泉谷さんと「シャンプー」について考えました。[SPONSORED]

人気のフォーマルシリーズが再入荷!
今季最後です!あっという間に完売した、バッグやジャケットも揃ってますよ。

うんともすんとも日和|「call」スタッフ・小畑滋子さん
79歳で接客業に挑戦。年齢にとらわれず、”好き”を追い続けて。(YouTubeが再生されます)

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像