特集|ブラシの達人 その1:ベストブラシをさがそう

編集スタッフ 田中

brush_1day_top_1

こんにちは!スタッフ田中です。
2日間で「ブラシの達人」という特集をお送りします。

毛の種類や特徴で、どんなお掃除が
向いているかなどを検証してみました。
お掃除気分をあげてくれるブラシ、
いっしょに探してみませんか?

 

使うのがうれしくなるブラシ、
一本どれにしましょう?

brush_1day_022_1

欧米の道具は見た目と使い勝手の良さが
両立していて「使うのがうれしくなる」、
そんなアイテムが多いんです。

けれど、馬毛やヤギ毛などの素材、
ブックブラシなど専門のアイテム、
種類がたくさんあって選びきれない方も
いらっしゃるかもしれません。

自分に合う”ブラシ1本”を見つけたい!という方も
ブラシの特徴が分かりやすくなったら
いいのではという思いから
こんな特集を作りました。

お家に迎えるベストブラシを
見つけられるお手伝いができたら嬉しいです!

 

馬毛とヤギ毛、ベストブラシはどれ?

brush_1day_012_1

当店にあるブラシのなかでも
一番多いのが馬毛とヤギ毛のもの。
(上の白い毛がヤギ毛で、下の茶色が
馬毛になります)

それぞれに使い勝手の良さがあるので
まずは、毛の種類のことを見比べて
みましたよ。

 

馬毛のブラシ

brush_1day_023

馬毛の特徴

・ヤギ毛に比べてややかため
・静電気がほぼ発生しない
・汚れを浮かす、集める
・水洗いができる!

【今回ご紹介する馬毛ブラシ】
イリス・ハントバーグ/掃除ブラシ

馬毛は、少しかためな毛で水洗いができるので
お掃除の幅を広げてくれます。
窓のさんや、床に落ちた食べカスなども
ささっときれいにできますよ。
では、馬毛ブラシでできるお掃除シーンを
ご紹介していきます。

 

 

お掃除シーンあれこれ

テーブルの食べこぼし

brush_1day_007_1

食事のあとは、どうしても汚れるテーブル。
トーストのカスもこうしてささっと
払ってひとまとめにできます。

静電気が発生しないので、こんなところも
とっても便利ですよ。

 

椅子のスポークにたまったホコリをかきだす

brush_1day_009

こういったビンテージチェアなどは
お手入れも大切にしたいもの。
スポークにたまったホコリも、
楽にかき出せますよ。

椅子の脚裏についてしまうホコリや髪のゴミも
ブラシでさっとひと掃きしてから
掃除機をかけると楽かもしれませんね。

 

窓のさんもピカピカに

brush_1day_010

窓のさん、吹き付けた汚れは雑巾などで
細かく拭いたりかきだしたり結構大変です。
でも馬毛ブラシなら、大雑把にかき出して
汚れてしまっても水洗いできるので
気にする必要もありませんね。

ブラシ後に雑巾で拭いたり、掃除機をかけたり
すれば、いつもより楽に終わりそうです♪

 

ヤギ毛のブラシ

brush_1day_005

ヤギ毛の特徴

・毛が細く、とてもやわらかい肌触り
・静電気がほぼ発生しない
・ホコリを払う、落とすなど

 掃除機前のお掃除にぴったり
・水洗いはできない

【今回ご紹介するヤギ毛ブラシ】
レデッカー/ほこり取りブラシ(ブラック)
レデッカー/ほこり取りブラシ(ホワイト)
イリスハントバーグ/掃除ブラシ

ヤギ毛はその繊細な毛がさわっていて
きもちいいのも大切なポイント。
使うのが楽しいのはいい相棒の証拠です!
ホコリを落としたり、払ったり、
本棚やPC、照明など上のほうにある家具を
掃除するのに向いていると思います。

では、ヤギ毛ブラシのお掃除シーンを
ご紹介していきますね。

 

お掃除シーンあれこれ

照明のホコリ落としに

brush_1day_017

 

本棚の小さな汚れ・ホコリに

brush_1day_003

上の写真ふたつの場所は、
いざ掃除するときに見ると意外と汚れが
たまっているものですよね。
掃除機前にパパッとホコリを落とすのに
ヤギ毛ブラシは向いています。

 

PCまわりもスイスイと。

brush_1day_004

日々、掃除しているつもりのデスクも
電源を落とした後みたらホコリをかぶっていた、
なんてこともあるでしょう。

やさしいヤギ毛のブラシで、
PC画面もするりとキレイになりますね。

 

オブジェもきもちよく、つるんと

brush_1day_019

飾りつけしている棚も、ヤギ毛ならば
モノを動かさなくてもすべすべつるんと
きれいにしてくれますね。

ネコのオブジェも気持ちよさそう♪
このブラシ、ただ置いてある姿も
とてもかわいいのが嬉しいところですよね。

brush_1day_020

——————————————————–

馬毛とヤギ毛のお掃除ブラシ、
使い方など疑問は解消できたでしょうか?
どちらが自分に合っているのか、
両方欲しい!という発見も嬉しいです。
それぞれ、おしごとしてくれる場所が
違いますものね。

さて、次は忘れちゃいけない
もうひとつあるブラシの魅力にも
迫ってみました。

 

ふわっふわ!
ホコリをからめとる羊毛ダスター

これまで馬毛とヤギ毛の違いや
お掃除シーンをお届けしてきましたが
このアイテムも忘れてはいけません。

ニュージーランドの羊毛ダスター
お求めやすく、形もかわいいので
当店でも人気のあるアイテムです。

brush_1day_013

羊毛ブラシの特徴

・ホコリとり、食べカス集めなどに向く
・普段のお手入れは、外でぶんぶん振るだけ
・水洗いができる!

羊毛ダスターは、馬毛とヤギ毛ブラシの
いいとこ取りをしたようなアイテムです。
デスクまわりはもちろん、照明や家電品の
ホコリなど色々な場所のお掃除に
適しているんです。

 

カーテンレールの上も

brush_1day_011

カーテンレールの上って、案外
ホコリがたまっているものですよね。
けれど頭より上の位置のホコリは
自分に落ちてくるので、お掃除のときは
羊毛ダスターが便利です。

ホコリをなるべくまき散らさずに
からめとってくれるますよ。

 

テレビなど家電のホコリとりにぴったり

brush_1day_008

ヤギ毛ブラシと同じように使えるのが
嬉しい羊毛ダスター。
家電製品のホコリもきれいにとって
くれますね。

テレビやPCの裏の細かなすき間にたまった
ホコリもきれいにからめとれますよ。

 

お手入れは、ぶんぶんと振るだけ。

brush_1day_014

この写真は、ぶんぶん!と振った後です。
からめとったホコリや汚れが多いときは、
ベランダ等で自分にかからないように
振り落とすとこのように形も戻ってくれます。

食べカスなども水分すくなめの汚れなら
集めてくれますよ。

もし、かなり汚れがついている場合は
水洗いもできる丈夫さも持つアイテムです!
お客さま係のスタッフが試してみた記事が
こちらにありますよ→☆

——————————————————–

今日はブラシの毛の特徴を生かした、
お掃除のシーンやお手入れのことなどを
お送りしましたが、いかがでしたか。

洗剤など場所ごとに多くは揃えたくない、、
という方には掃除道具もきっと同じはず。
毛の特徴に合ったお掃除ができれば、
最小限のブラシできもちよく過ごせるのではと
思います。

この特集で、ご家庭にぴったりのブラシを
見つけるお手伝いができていたら嬉しいです。
明日は新しく追加したアイテムのご紹介や
広い場所で使うほうきの使い方に
迫ってみます。

明日の更新も、どうぞお楽しみに!

 

この特集で使ったアイテムや
おすすめのお掃除道具はこちらから
ご覧いただけます! ↓↓↓↓

brush_grouplink_1403

もくじ

特集|ブラシの達人

その1:ベストブラシをさがそう。

その2:いつもいっしょの、暮らしの道具。


本日の編集部recommends!

平日ごはんも、あきらめない
豚肉の角煮やおでんだって、短時間で。スタッフが「話題の調理家電」を使ってみました。【SPONSORED】

本日の再入荷
フライパンで蒸し料理が作れる蒸しかごや、ちょっと使いに重宝する下ごしらえボウルが再入荷!

残りわずかのアイテムたち
人気のベーシックニットや、着回し力ばつぐんのストラップ付きスカートなどが在庫わずかとなりました。

【動画】わたしの偏愛ストーリー
足元15cmがコーディネートの味方。集まってきた40足の靴下たち

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像