【手作りホワイトデー】作りおきスイーツに!マシュマロチョコレートクッキーのレシピ

編集スタッフ 塩川 編集スタッフ 塩川

201602_04_oyatsu_283

ザクザク&しっとり食感のクッキー!

料理家の飯塚有紀子さんに、バレンタインデーやホワイトデーのプレゼントにぴったりの、チョコレートを使ったお菓子のレシピを教わっています。

本日はザクザク・しっとり食感に、ほんのり香るシナモンがアクセント!マシュマロホワイトチョコレートクッキーをご紹介します。

1つのボウルで混ぜて作る、素朴でかわいいクッキーは、一度にたくさん作れて2週間ほど日持ちします。作り置きスイーツやホワイトデーのお返しに、作ってみてくださいね。

 

材料(直径約8cm 16枚分)

無塩バター(常温にもどす) … 90g
卵(常温にもどす) … 1個

[A]
グラニュー糖 … 30g
ブラウンシュガー … 90g
塩 … ひとつまみ

[B]
薄力粉 … 220g
ベーキングパウダー … 小さじ1/4
シナモンパウダー … 小さじ1/4

[C]
ホワイトチョコレートチップ(板チョコでも可) … 50g
ミニマシュマロ(普通のマシュマロを切ってもOK) … 30g

下準備

・オーブンを170度に予熱する。
・室温に戻した無塩バターをボウルに入れ、泡立て器でクリーム状にする。

※オーブンの温度は電子オーブンを使用した場合の温度です。ガスオーブンの場合は10度程低く設定し、焼き加減を調整してください。なお、オーブンの性質により焼成時間は異なる場合がございます。

201602_04_oyatsu_055▲バターはマヨネーズのような硬さになるまで、よく混ぜる。常温に戻すのが難しい場合は、2〜3秒ずつ熱湯で湯煎し、徐々になじませる。

 

作り方

[1]下準備したバターのボウルに[A]を合わせてふるい入れ、泡立て器ですり混ぜる。卵を2〜3回に分けて少しずつ入れ、その都度混ぜ合わせる。

[2][1]のボウルに[B]を合わせてふるい入れ、[C]を加える。

[3]粉気がなくなるまでゴムべラで混ぜ合わせる。混ざったら、生地を16等分にする。

[4]生地をボール状に丸め、天板で直径7cm、厚さ5mmにつぶして平らに整える。170度のオーブン(2段ある場合は下段)で10分焼く。焼き上がったら網の上で冷ます。

201602_oyatsu_04_99_v2
 

飯塚さんからの、ひと言アドバイス

201602_04_oyatsu_275

飯塚さん:
「たっぷり作れるクッキーのラッピングは、いくつか重ねて透明の袋に包み、リボンをかけてプレゼントしましょう。メッセージ付きのタグをつけても素敵ですね。

密閉容器に入れて、常温で2週間ほど日持ちします。」

※今回、登場した器など:飯塚さん私物

▼飯塚さんのレシピ一覧は、下記バナーよりご覧ください。201602_oyatsu_bnr

201602_oyatsu_profile

▽飯塚有紀子さんの著書

 


本日の編集部recommends!

着用レビュー増刊号
店長佐藤がたっぷりの私物とコーディネート! 春いちボトムス着回し計画

本日の再入荷
スウェーデンのキッチンラグやムーべのフレームなど北欧アイテムが続々入荷中です。

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

RECIPEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像