【新連載】「ドジの哲学」がはじまります(文筆家・大平一枝)

文筆家 大平一枝

プロジェクト - スケッチ 4

はじまりの記

 
 こうもり傘やえもん掛けやチョッキと同じくらい、ドジという言葉を使わなくなった。だが、母歴21年、ライター歴22年の私はいまだに公私にわたってドジの連続で、この単語は色あせない。威張って言うことではないが。
 それになんだかこの言葉、かわいいじゃないか。ドとジという濁音の2文字には、とんでもない失敗も笑って許せそうな響きがある。だから反省が足りず、失敗を繰り返すのだが。

 ていねいに。地道に。誠実に。自然体で。マイペースで。世の中のあちこちでしきりに説かれるが、なかなかそうはいかないというのが実感だ。
 なにせ時間がない。
 ご飯を作って、洗濯をして、仕事をして、またご飯を作って寝て起きているうちに24時間などあっというまに過ぎてしまう。
 はるか昔、子どもが学校から帰ったらケーキの焼ける匂いが漂う家庭を作りたいと思ったことがあるが、そうしようと願っているうちに気づいたら大学生になっていた。いまや息子は、実家よりデートのほうに忙しく、家に帰ってこない。自分の若い頃を振り返っても、そんなものだった。気づいたころにはもう遅い。

 だから、こういうエッセイを始めることにした。ドジや失敗のようなものを記録することで、いま、がんばりすぎて息切れしそうになっているお母さんや仕事人たちが、ほっと安心したり、「そういうことあるなぁ」とぷっと笑って元気になってもらえるようなものを届けたい。
 堂々と言い切るのも少々勇気がいるが、子育てなんて失敗の連続だ。もう大きくなったしオールオッケーなんてたかをくくっていると、次のトラップがやってくる。
 しかし、成功より失敗が物事の本質を照らし出すこともある。それをきっかけに小さな人生の謎が解けることも多い。

 
 そんなわけで始まります。私のドジから学んだ哲学。
 くすりと笑って、ほっとして、よし自分も小さな失敗など気にせず明日もがんばろうと思ってもらえたらうれしいです。

 
profile_futura_lineblack
odaira_profile_160616

文筆家 大平一枝

長野県生まれ。編集プロダクションを経て、1995年ライターとして独立。大量生産・大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに、女性誌、書籍を中心に各紙に執筆。『天然生活』『暮しの手帖別冊 暮らしのヒント集』等。近著に『東京の台所』(平凡社)、『日々の散歩で見つかる山もりのしあわせ』(交通新聞社)『信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ』(誠文堂新光社)などがある。
プライベートでは長男(21歳)と長女(17歳)の、ふたりの子を持つ母。

▼大平さんの週末エッセイvol.1
「新米母は各駅停車で、だんだん本物の母になっていく。」

 


本日の編集部recommends!

日々の料理道具
平日のご飯づくりをラクに。今の自分にあったモノ選びって? [SPONSORED]

本日の再入荷
結露が出ないグラスや、木目調ラックなど。デスクワークにぴったりのアイテム入荷しています!

【動画】モーニングルーティン
味付けはシンプルに。365日毎朝つづけているスープ作り。(スープ作家・有賀 薫さん)

COLUMNカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像