【暮らし上手の収納術】第2話:たくさんの洋服をどうしまう?すべてが一軍のクローゼット収納

ライター 藤沢あかり

_Q9A4792

物が多くても美しく収納し、大好きなアイテムに囲まれて暮らしたい。

そんな気持ちを叶える特集 「暮らし上手の収納術」 をお届けしています。

伺ったのは、「お買い物が大好き!とにかくモノが多く収集癖もある」 と話す大塚彩さんのご自宅。千葉県の郊外で、夫婦2人で暮らしています。

2話目の今回は、たくさんある洋服を選ぶ時間がもっと楽しみになる、クローゼットの収納をお届けします。

 


第2話
クローゼット編

すべてが1軍! 衣替えいらずの収納術


_Q9A4794

メインの洋服は「ハンガーで吊り下げ」が基本スタイル。

ファッションECサイトの運営会社で働く大塚さん夫妻。もちろん2人とも洋服が大好きで、その数はかなりのものです。

上の写真は、IKEAの突っ張りラックに、無印良品のポリプロピレンケースを組み合わせたもの。

大塚さん:
「夫とのスペースは、奥と手前とでちょうど半分ずつ。

春夏~秋冬とざっくり分けながら、ハンガーにかけられる物は吊るして収納しています。こうしておくとアイテムすべてがひと目で見渡せるので、手持ちの服をきちんと把握できるんです。

洗濯したあとかけるだけだから、時短にも。共働きなので、ちょっとでもラクしたいですよね」

_Q9A4768

その向かい側にあるのは、コートなどをかけた秋冬メインのエリア。

スチールラックにIKEAのワイヤーバスケットワゴンを組み合わせました。

_Q9A4787

スチールラックは頑丈なうえ、組み込みたい収納アイテムに合わせて高さを調整できるので、すっきりと収まるのだとか。

ワゴンの中は、ニットキャップやマフラー、バッグといったファッション小物を中心に収納していました。

 

生活感をシャットアウトする、ラべリングのテクニック。

_Q9A4731

無印良品にIKEAのアイテム。

どれも人気の定番アイテムなのに、大塚さんのクローゼットはなぜかひと味違って見えます。

その秘密は、センスのいい「ラべリング」と、「色や柄のシャットアウト」にありました。

収納の中身は、ラベルメーカーを使い分け、すっきりとしたモノトーンでラべリング。

右側のちょうちょは、ミナペルホネンの、壁に貼ってはがせるインテリアステッカーだそう。

実はどちらのケースにも、中身を見えづらくする工夫がされていました。

_Q9A4758

大塚さん:
「中が見えてしまうと、色や柄があふれて雑多な感じになってしまうのが気になって。画用紙をサイズに合わせてカットし、テープのりで留めています」

ちょっとした工夫ですが、たくさんケースが並ぶクローゼットはたちまちスッキリ。

モノトーンのラベルもよく映えます。

_Q9A4784

こちらのワゴンも同様に、ラべリングを兼ねて中身が見えないひと手間がありました。

大塚さん:
「カットしたベニヤ板に黒板塗料を塗り、水で消せるタイプの白いマーカーで中身を書いています。板には四隅に穴をあけ、ひもで留めました」

 

収納スペースはむだなく使いきる。

_Q9A4734

スチールラックの上には、ゲスト用のまくらやエアーマット、シーズンオフのブランケットなどを収納。

大塚さん:
「奥行き、高さなど、天井までのスペースにぴったりとはまるものを吟味しました。

物が多くてもすっきりと見せるには、サイズ選びはとても重要だと思っています。天井までめいっぱい空間を使えると、やった!と嬉しくなりますね(笑)」

 

取り出しやすく、しまいやすい工夫。

_Q9A4796

引き出し収納の中は、仕切りを使ってTシャツやカットソーなどをしまっています。

この仕切りにも、よく見ると小さなひと手間が。

_Q9A4799

大塚さん:
「市販の仕切りは、柔らかい素材のものが多く、出し入れの際に倒れたりたわんだりすることも。

板で仕切りをつくってみたら、出し入れがぐんとストレスフリーになりました」

 

揃いのボックスを重ねて簡易収納に。

_Q9A4737▲シーズンごとのテキスタイルがかわいいお気に入りのミナペルホネンのエッグバッグは、壁を使って見せる収納に。

入口そばの壁面には、Fellowesのバンカーズボックスをずらりと並べてありました。

大塚さん:
「ここは、かさばるシーズンオフのものや、毛玉取りといった洋服のお手入れグッズなど、居場所を作りにくいアイテムをざっくりとしまうスペースです」

_Q9A4803

そしてバンカーズボックスの上には、お揃いのファイルボックスを。

オリジナルのFellowesラベルを付けてアクセントにしています。

_Q9A4774

大塚さん:
「ここには、型崩れが気になるものを中心に、冠婚葬祭に使う小さなバッグやクラッチバッグなどをしまっています」

_Q9A4764

ワンアクションで取り出せるうえ、ひとつのケースに1~2点というシンプルさも、「探しやすい・取り出しやすい・しまいやすい」に繋がっているようです。

 

ランドリーグッズは、生活感をなくして寝室へ。

_Q9A4823▲べッドは無印良品、ベッドリネンはHAY(ヘイ)。

お隣の寝室も拝見しました。

2階のベランダに面した寝室は、「眠る」ことに特化したシンプルな空間に仕上げています。

ベッドのすぐ脇が、普段、洗濯物を干すスペース。

1階の洗濯機から運んですぐ干せるように、ランドリーグッズはここにしまっています。

_Q9A4805

_Q9A4809

ハンガー類は、ファイルボックスで仕切りながら、蓋付きのバスケットへ。

絡まりやすいハンガーも、こうして立ててしまえばストレスがありません。

ピンチハンガーは、パリ土産のエコバッグにしまって物干しバーに掛けてありました。

_Q9A4816

大塚さん:
「平日は忙しいので、いかにラクできるかが重要。

だからベランダからウォークインクローゼットの間にある寝室が、洗濯物を干すスペースなんです。

とはいえ、ラクはしたいけれど生活感が出すぎるのも気になります。いかに簡単に、出しやすくしまいやすい状態で、生活感をなくすかはいつも考えています」

_Q9A4821▲べッドサイドのランプとソファはミナペルホネン。

どんなに素敵な収納も、無理をしていては長く続けるのは難しい。

ほんの少しの引っ掛かりがハードルになり、面倒の連鎖で片づかない部屋に……ということは私にも身に覚えがあります。

小さな気づきをクリアにしながら手を動かして、「自分らしい収納のしくみ」を見つけていく。

大塚さんのクローゼットや寝室には、そんな工夫が随所にあふれていました。

次回は、家族やゲストが心地よく過ごせるパブリックな空間、リビングと水回りをお届けします。

(つづく)

【写真】木村文平

 


もくじ

 

profile_futura_lineblack
profile_otsuka_1705

大塚 彩

千葉県在住。郊外に、シンプルで住みよい「無印良品の家」を建て、夫と2匹の猫・ノノ&ココちゃんとともに暮らす。アパレルECサイトで働きながら、料理にお菓子作り、手芸、DIY……と趣味も多く、夫婦そろって大の洋服好き。休日には自宅へ人を招き、手料理をふるまうことも多い。

 

1704fujisawa_profile

ライター 藤沢あかり

編集者、ライター。大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。執筆媒体は「PLUS1 LIVING」「ONKUL」「tocotoco」「Hanakoママ」など。


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

HOUSEKEEPINGカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像