サイクル上手の冷蔵庫

2018年1月17日(水)

【サイクル上手の冷蔵庫】第1話:管理のしやすさが第一!料理への苦手意識が生んだ収納法

編集スタッフ 齋藤 編集スタッフ 齋藤

今年こそ「使い切れる冷蔵庫」にしたいけれど……

毎日開いている場所のはずなのに、なぜなのでしょうか。冷蔵庫に何を入れていたのか、いまいち思い出せません。

そして時たま、奥の方から興味本位で一回使っただけの調味料が見つかるなんてことも。せっかく用意した食材をダメにしてしまうと、なんとも後ろめたい気分になるものです。

理想は、必要なものがそろっていて、そして食材を余すことなく使い切れること。そんなきれいにサイクルがまわっている冷蔵庫を目指して、収納法を見せてもらいに行ってきました!

 

必要なものはあるのに、すっきりの冷蔵庫!

そこで今回訪ねたのは、整理収納アドバイザーの梶ヶ谷 陽子(かじがや ようこ)さんのお宅。仕事をしながら、2児を育てるお母さんでもあります。

以前当店の読み物「衣替えのコツ」にもご登場いただいた梶ヶ谷さんの収納は、必要なものがちゃんとそろえてあり、その上すっきり。

実は料理に苦手意識があるという梶ヶ谷さん。でもだからこそ、無理なくきれいをキープでき、そして心地よく過ごせる自分にあった収納の仕方を探ったそうです。

そんな梶ヶ谷さんの収納のポイントは、「管理をしやすくし、食材の種類と量をわかりやすくする」というものでした。

 

食材は、2〜3日で使い切るのがマイルール

梶ヶ谷さん:
「どこに何があるのかわからない状態にしてしまうと、それだけで気持ちが下がってしまいます。さらに食材をダメにしてしまったときは、後ろめたくもなってしまう。

そうすると料理に苦手意識があるわたしには、家事に気持ちが向かなくなる気がするんです。

そうならないように、どこに何がどれだけあるのか、しっかりわかる収納を心がけています。

例えば食材はすべて指定の場所にしまって管理し、さらに2、3日で使い切れる分量しか買いません。なので鮮度が良いうちに食べきることができるんです」

 

作り置きはしないと決めました。

梶ヶ谷さんの冷蔵庫に入っているものを見て、あることに気がつきました。それは、残り物が見当たらないんです。

これにもこだわりがあるのでしょうか。

梶ヶ谷さん:
「残りものは、なるべく出さないようにしています。食べたいものは日々変わるから、場合によっては食べきることができないことも。せっかく保存しておいても、それでは残念ですよね。

そこで必要になってくる考え方が、家族の適量を把握すること。夫と子ども2人の食事量に、足りる分だけ作っています。

残りものの他に作り置きなども便利ですが、料理が苦手なわたしの場合は、管理できるか自信がなくて。その日のご飯はその日に作ることにしています」

 

スマホで撮影すれば「量」もわかる!買い物前のひと工夫

梶ヶ谷さん:
「買い物には2日に1回くらい行っています。そのときに買うのは、必要なものだけ。でもスーパーに行ったらお得になっているものも目に入って、つい心が揺らいでしまいますよね。

そんな時のために、買い物に行く前に次の3点を確認し、目的を明確にします」

1.何があったか

2.どれくらいあったか

3.どの位のスペースがあいているか

梶ヶ谷さん:
「何を買い足せばいいのかは、よくある手書きのメモで十分ですが、『どれくらいあったか』と『どの位のスペースがあいているか』はメモだと分かりません。

そのため冷蔵庫の中をスマホで撮影。買いすぎていないかどうかは、スーパーで写真を見て確認しています。

これをするだけで、冷蔵庫の詰めすぎがなくなるんです」

 

これで使い切れる!管理しやすい冷蔵庫

お話を聞いているだけで、ひとつ芯の通った収納を心がけているのが伝わってきました。

では実際に、そんなこだわりの数々が収納にどうあらわれているのでしょうか。

つづく第2話では、さっそくドアを開けた冷蔵室の収納法をお聞きました。

(つづく)

【写真】岩田貴樹


もくじ

第1話(1月17日)
管理のしやすさが第一!料理への苦手意識が生んだ収納法

第2話(1月18日)
ドアを開けば食材が一目瞭然!IKEAや100円均一が大活躍

第3話(1月19日)
新鮮なうちに野菜を食べきれる!野菜室の収納

 

profile_futura_lineblack

梶ヶ谷陽子(かじがや ようこ)

Bloom Your Smile 代表。 2013 年 10 月より整理収納アドバイザーとしての活動を本格的に開始。 日本テレビ「ヒルナンデス」に「収納名人」として登場以降テレビ出演多数。 Ameba ブログ「整理収納レシピ」が話題を呼ぶ。  間取りプランナーなど暮らしに関わる資格を多く保有し、企業研修講師、講演、商品 PR、商品 開発、トークショー、テレビ出演・書籍執筆など活動は多岐に渡っている。http://ameblo.jp/yoko-bys/


本日の編集部recommends!

BRAND NOTE
あたりまえの風景を拾い集めて見えてきた、日常のなかの非日常

最新の再入荷情報!
大人の女性に似合うしなやかなレザーバッグや、西本良太さんのコーヒーフィルターなどが再入荷♪

公式LINE@配信中!
毎日1通、手紙を書く気持ちで配信しています♪

HOUSEKEEPINGカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • ジャムの画像
  • 食品の画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像