【スタッフの愛用品】大切な大切な、普通のガラス花瓶

バイヤー 竹内 バイヤー 竹内

最近ユーカリをワサーと花瓶に生けて、玄関入ってすぐの床に置いています。

窓がなく、北側で冷たい空気を感じる狭い玄関に、少しでもフレッシュな雰囲気を漂わせたくて植物を置くようになりました。

観葉植物の鉢を飾っている感覚で、出入り口の癒しの存在です。

ここで使ってるのがリューズガラスのフラワーベース。当店のお客さまに通年人気のアイテムで、私も丸3年愛用している花瓶です。

見た目はとってもシンプル。

・高さ26センチとわりと大きめ
・ほんの少しのくびれ

以上。

そんな何の変哲もないガラスの花瓶だからこそ、こんな魅力を感じています。

 

ガラス花瓶で四変化

魅力のひとつは四季の訪れがグッと楽しみになったこと。

花屋の店の奥の方によくある、少し背が高くて存在感のある枝ものの植物がよく似合うんですよね。

切り花一本よりも、だいぶ長持ちするような気がしています。5月に買ったドウダンツツジは8月頃まで楽しむことができました。

例えば、一年こんな感じ。

春 「スノーボール」

夏 「ドウダンツツジ」

秋 「秋色紫陽花のドライ」

冬 「ヒバの特製ツリー」

こんな風に季節が変わるたび、花屋さんに並ぶ枝ものを1種選んで飾ることを楽しんでいます。

ここで自分の中で決めているのは、花瓶に飾るのは大体1種だけでOKというルール。

組み合わせを考えると難しく感じるし、1種のみの方が自然に育つ植物のように見える気がするのでそうしています。

 

普通だからこそなせる技

ふたつめは、普通ってすごい!ということ。

常にどんなときも、どんな花、どんな枝ものでも受けとめ、引き立てる。

生ける植物が変わるたびに新しい空気をつくってくれる。

床置きしても安定感あるのに、テーブルの上においても邪魔にならない。

全部、このガラスの花瓶が「普通」だからこそなせる技なのでは! と思うのです。

常に相手のことを尊重し、変化に柔軟で、頼りになる存在。

そんな人格の持ち主のように思えて、カッコいいなあ〜、なんて。

 

でも実は……

こちら、洗いたての空っぽの状態(しかも逆さま)

朝の光でキラキラしている様子から、「今日は秋晴れか〜!嬉しい!」とワクワクする気持ちが沸き起こります。

実は、何にも飾ってない姿もとっても魅力的。

いつもどんなときも、私に元気をくれる大切な暮らしの道具です。

 

本日ご紹介したアイテム


本日の編集部recommends!

水曜日はシチューの日
週の真ん中、献立で悩まないためのマイルール [SPONSORED]

ドラマの世界を詰め込んだプレミアムBOXとイラストTシャツ販売中!
劇中に登場するアイテムたちを商品化。ドラマの世界をお楽しみいただけます♩

【最新動画】わたしの好きな時間
センチメンタルな秋の夜長。癒しのチャイと秋色ネイルで心をほぐす

INTERIORカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • バックナンバーの画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 横ラインの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • インテリア雑貨の画像
  • 食器の画像
  • ファッションの画像
  • コスメの画像
  • ファブリックの画像
  • ポスターの画像
  • かご・手工芸品の画像
  • テーブル小物の画像
  • キッズアイテムの画像
  • 本の画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
アイテム種別から探すの画像
  • リトルプレスの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像