【アンティークを日常に】第3話:ストレスを感じずに、古いものと暮らすコツ

編集スタッフ 寿山

昔からアンティークに憧れはあっても、選び方がよくわからなかったり、使いこなせる自信がなかったり、なかなか踏み込めない世界のひとつ。新しくてシンプルな現行品を選びがちです。

そこで今回の特集では、公私ともに暮らしにアンティークを取り入れている「sajilo cafe」店主、川井加世子(かわい かよこ)さんにお話を伺います。

第1話では古い家具を買うときのポイントを、第2話では家具やカトラリー、ファブリックのお手入れについて伺いました。

第3話では、ストレスを感じずに古いものと暮らすコツを教わります。

 

ペットや子どもが、粗相してしまったときは

川井さんは15年前から、愛犬ロメオくんと一緒に暮らしています。ペットとの暮らしで、気をつけていることはあるのでしょうか?

川井さん:
「自宅では犬にイタズラされて、アンティークのリネンがほつれてしまったり、ぐちゃぐちゃにされたりすることもあります。お店でもお子さんが料理をこぼすこともあるのですが、もうすべては『味になる』と割り切っているんです。

図らずして起こったことに関しては『なるべくしてなったもの』だと考えるようにしています。暮らしていたら避けようがないですから。

生活をしていて出来た傷は、味になるはずだって。

とはいえ起こった瞬間は、やっぱりショックは受けますよ。買ったばかりのものなんかは反射的に落ち込みはするけど、時間が経つと “いい感じになってる” と思えてくるんです

 

古いものと暮らして、おおらかになれた

川井さん:
「お店でもアンティークの椅子やテーブルを使っているのですが、傷がついたり汚れたりするのを気にしていたらキリがないし、受け入れるしかなかったのかもしれません。

不測の事態を経験するうちに、傷や汚れも、いつしかプラスに解釈するようになりました。

壊れてもリペアできるし、気になる汚れにはペンキを塗るとか、いくらでも補修がききますから。

逆にせっかく味が出たものを、ピカピカにすることはしたくないと思うようになりました。今はそっちの方ががっかりしてしまうので、家でも店でも “ピカピカ禁止” です(笑)」

 

もしも家具の好みが変わってきたら

もう10年以上アンティークを集めている川井さん。自然と、好みも変わりつつあるそう。今の気分に合わなくなった家具や雑貨はどうしているのでしょうか?

川井さん:
「お店のスタッフや知り合いなど、興味のある方に譲ることもあります。設計の仕事で知り合った施主の方が気に入れば差し上げたり。誰かしら、大切に使ってくれる人を見つけることが多いですね。

自宅にも好みとずれてきた家具はありますが、好きな家具を合わせたり雑貨を飾ったりして馴染ませて。ゆっくり新しい居場所を探していきます」

 

生活に、少しの「非日常」があるだけで

お店をはじめるまでは、日常にどこか息苦しさを感じながら暮らしていた川井さん。

ところが、お店づくりを通して魅力的なアンティークとの出合いを重ねるうちに、川井さんの世界は一気に広がっていきました。

川井さん:
「もともとネパールのどこか幻想的な、おとぎ話のような空気感が好きなんです。暮らしのなかに、まるで絵画のような美しいシーンがあるというか。

非日常という言葉がふさわしいかわからないけれど、暮らしにも、そういう非日常的な要素が必要なんじゃないかと思っています。

だから見ているだけで回想できたり、ノスタルジーを感じられたりする、諸外国のアンティークが好きなのかもしれません」

確かに、ひたすら現実と向き合い続けていたら、疲れてしまうことだってあります。そんなとき、束の間でも逃避させてくれる、少しの非日常が傍らにあったなら。暮らしはもっと楽しくなる。

いくつになっても、夢を見ていいんだ。好きなものを、好きなだけ追いかけてもいいんだと、川井さんの物語が教えてくれたような気がしました。

いつか私も、夢見心地にさせてくれるような素敵なアンティークを手に入れたいと思います。

 

【写真】川井加世子

 

もくじ

 

川井加世子

東京と軽井沢でネパールとインドの料理を供する「sajilo cafe」を夫と営む。一部店舗でアンティークの家具や雑貨も販売しており、建築士として店舗や住宅の設計も手掛ける。Instagramのアカウントは@sajilo_kayo


感想を送る

本日の編集部recommends!

SUMMER SALE 開催中!
今季のファッションアイテムからオリジナルの雑貨まで、人気アイテムが対象です!

涼しげなラタンやかごの雑貨を集めました
定番の収納アイテムから、身につけられる小物まで、夏に使いたいアイテムが揃っています

グリーンのある暮らしはじめよう
水やりをサポートしてくれるディスペンサーや、小ぶりな植木鉢など、初心者におすすめのアイテムも揃っています

【動画】うんともすんとも日和
ちょっとかじっては身が入らず、転々とした20代を経て。東京・世田谷で “ひとが集まる” 八百屋を営み始めて4年(尾辻あやのさん)

INTERIORカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像