【夏の終わりの過ごし方】第2話:ワンピースにサンダル、帽子。夏のおしゃれ着を洗う

編集スタッフ 奥村

今年もやってくる、夏の終わり。

この特集では、少しだけ寂しくてノスタルジックな、夏のある1日の風景を、全3話で切り取ります。

 

2話目は夏物の洗濯。

リネンのワンピースやサンダル、帽子の洗い方をご紹介します。

1話目はこちらから

 


PM14:30
陽射しをめいっぱい浴びながら
ワンピースを洗って、夏じまい


たっぷり陽射しのでているうちに、洗濯をしようと思いついた。

ワンピースにエプロン、キッチンタオル。目についた衣類を片端から入れて、洗濯機を回す。

シワがつきやす薄手のリネンは、脱水時間を短めにするのがいいそうだ。

ワンピース3着なら、脱水時間はだいたい1分。まだ手触りがしっとりと重たく感じるくらいで、早めに取り出す。

シワの寄りやすい脇の下や裾は、左右に軽く引っ張ってシワを伸ばしてから、両手でパンパンとたたく。

こうしてから干すだけで、水分の重みが、干している間にシワを自然と伸ばしてくれる。

 

 

そうだ、帽子とサンダルも洗おう。

型崩れしやすい帽子は、こんな風に小ぶりのざるにかぶせて

洗濯ブラシで汚れを落とせば、きれいな形のまま洗える。

 

レザーのサンダルは水洗いができないから、硬く絞った濡れふきんでトントンと叩くように汚れを落とす。

仕上げに撥水スプレーをかけておくと、来年のお手入れもラクになる。

どちらも陽の当たらない場所に置いて、余分な湿気を抜くようにしっかりと乾かす。

今年もたくさん使った夏の小物たち。洗うと、宿題がひとつ片付いたみたいな気持ちになる。

 

梅雨明けに、びん一杯に仕込んでおいたレモンシロップも、もうすぐ終わり。

こうやってひとつずつ、夏とお別れしていくんだな。

 

===

夏の洗濯のポイントを教えてくださったのは
洗濯研究家・平島 利恵さん

平島 利恵(ひらしま りえ)

洗濯研究家。布ナプキンと洗剤の開発・販売を手がける「Rinenna」代表。株式会社リクルートなどを経て起業。洗濯のプロとしても活動中。Instagram:@rinennanewyork

 

【撮影】濱津和貴


もくじ


本日の編集部recommends!

インテリアも洋服も、スキンケアも
「好き」を「愛着」に変える、編集者・安達薫さんのもの選び【SPONSORED】

本日の再入荷
どんな料理もサマになるオーバルプレートや、手のひらサイズの防水スピーカーも再入荷!

残りわずかのアイテムたち
ORCIVALのカーディガンや、着回し力ばつぐんのストラップ付きスカートなどが在庫わずかとなりました。

【動画】わたしの好きな時間
おだんごと三種のトッピング、秋のご褒美タイムはベランダで

LIFESTYLEカテゴリの最新一覧

  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • インテリアの画像
  • キッチンの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • 生活日用品の画像
  • 整理収納の画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • ご案内の画像
  • お知らせの画像
  • ご利用ガイドの画像
  • お問合せの画像
  • 会員ログインの画像
  • メルマガの画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像