【かたまり肉でごちそう】第4話:クリスマスにもおせちにも。“ほったらかし” でしっとり仕上がる「味噌ローストビーフ」

編集スタッフ 奥村

クリスマスからお正月まで。慌ただしいこの時期の食卓には「かたまり肉」料理がおすすめです。

焼くだけ、煮るだけで手軽にごちそう感があり、コスパもばつぐん。この時期に嬉しい肉レシピ4品を、料理家の今井真実(いまい まみ)さんに教わりました。

4品目は、ちょっと豪華なローストビーフ。仕込みは前日からと時間はかかりますが、工程自体はほぼ “ほったらかし” 。とっても簡単に出来上がります。

和風味なので、クリスマスはもちろんお正月にもぴったり。年末年始のメイン料理にぜひどうぞ。

 


味噌風味で、ごはんもお酒も進む
しっとり柔らか「ローストビーフ」


材料(4人分)

牛ももかたまり肉…400g

味噌…大さじ1
醤油…大さじ1/2
みりん…大さじ1
にんにく(すりおろし)…1/2片
オリーブオイル…小さじ2

【下準備】
・牛もも肉は調理の1時間以上前に冷蔵庫から出し、室温に戻しておく。

 

作り方

1.(1日目)牛もも肉を耐熱容器に入れ、予熱なしのオーブンで100度で35分焼く。

焼き上がったら裏返して、さらに35分焼く。

▲持ち上げた時に肉がピンと張り、指で押してしっかり弾力を感じれば火が通ったサインです

 

2.(1日目)ポリ袋に味噌、醤油、みりん、にんにくを入れて混ぜ、

粗熱のとれた1の牛肉を入れて、よく揉み込む。そのまま冷蔵庫でひと晩漬け込む。

 

3.翌日、食べる直前に冷蔵庫から取り出し、オリーブオイルを入れたフライパンを中火で熱して、肉の表面を焼き付ける。

▲こんがり焦げ目がつくまで。側面もしっかり焼きます

粗熱がとれるまで冷まし、好みの厚さに切ってお皿に盛り、好みでオリーブオイル適量をかければできあがり。

ポリ袋に残ったタレは、フライパンでさっと煮詰めて味噌ダレに。ローストビーフにかけていただきます。

今井さん:
「1日漬けておいた牛肉は、常温に戻してから焼くと肉の内部に火が通り過ぎてしまうので、冷蔵庫から取り出してすぐに焼き始めてOKです。

お子さんには、スライスしてからさらに半分にそぎ切り(繊維を断つように)していただくと、より柔らかくて食べやすいと思います。

冷蔵で4日間、冷凍すれば(かたまり肉のままでも、スライスしてもOK)1ヶ月保存できます」

 

牛肉の表面についた味噌が、焼くことでとても香ばしくなり、これはごはんのすすむ味。

肉を柔らかくする効果のある味噌のおかげで、お店のように柔らかいローストビーフが出来ました。

火加減が難しいローストビーフも、オーブンにお任せなら安心して作れそうです。

 

全4話でお届けした、12月の「かたまり肉」レシピ。体も心も満たされる肉料理は、頑張った1年を労うのにもぴったりではないでしょうか。

年末年始の食卓が、楽しいひと時になりますように。

 

【写真】今井裕治(3枚目のみ)、鈴木静華


もくじ

 

今井 真実

料理家。東京都世田谷区で料理教室(現在はオンラインレッスン)を主宰しながら、さまざまな媒体でレシピ作成やタイリングを行っている。毎日のご飯作りの助けになる「新しい家庭料理」のレシピに定評があり、ブログ https://note.com/imaimami/ でも掲載中。Instagram:@mamiimai


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

今から頼れるUV対策アイテム
コンパクトな日よけハットや、肌にやさしいUVミルクなどが入荷中!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像