【はじめてのスパイスカレー】04:作る工程もワクワク。フライパンで作る「ビリヤニ」でエスニックなおうちごはん

編集スタッフ 吉野

何か新しいことを始めてみたくなる春。ずっと気になっていた「スパイスカレー」に挑戦してみたくて、料理家の黄川田としえ(きかわだ としえ)さんに「基本のルー」と4皿のレシピを教えていただきました。

いつもの調理器具と少しの工夫で、抜群においしいスパイスカレー。第4話でご紹介するのは、フライパンで作れる「ビリヤニ」。お家で作れるの?と驚きのメニューですが、テクニック要らずで初めてでも安心して作れるレシピです。

「基本のスパイスルー」の
レシピはこちらから

 


ざっくり混ぜて、味の違いを楽しんで。

フライパンで作る「ビリヤニ」


材料(2〜3人分)

「基本のスパイスルー」…2人分

バスマティライス…150g

カルダモン(ホール)…6粒
クミンシード(ホール)…小さじ1/2
塩…小さじ1/2

鶏もも肉…1枚

A
塩…小さじ1/3
こしょう…少々
ヨーグルト…大さじ3
クミンパウダー…小さじ1/2
コリアンダーパウダー…小さじ1/2
カルダモンパウダー…小さじ1/2
ターメリックパウダー…小さじ1/2

水…50ml
サラダ油…大さじ1
バター…10g

パクチー…6本

※バスマティライスは、カルディや無印良品、業務スーパー、Amazonなどで購入が可能です

 

作り方

1. 鶏もも肉は一口大に切り、Aを加えて1時間ほど漬ける。パクチーは3cm幅に切る

 

2. バスマティライスをたっぷりの水(分量外)に30分浸水しておく

黄川田さん:
「バスマティライスは、今回は浸水することで水を含ませてから茹で、蒸して仕上げます。そうすることでお米がぐっと伸びておいしくなりますよ」

 

3. フライパンにスパイスルー、手順1の鶏肉、水を入れて蓋をする。中火にかけ5分ほど煮る

 

4. 別の鍋にたっぷりの湯を沸かし、潰したカルダモン(ホール)、クミンシード(ホール)、塩を加える。さらにサラダ油と浸水したバスマティライスを入れ、5分茹でてザルにあげる

▲カルダモンは軽く潰しておくことで、香りが際立ちます

▲たっぷりのお湯で、お米を泳がすように茹でていきます

黄川田さん:
「バスマティライスはスパイスや塩と一緒に茹でることで、下味を。またサラダ油を入れると、お米がパラっとしやすくなりますよ」

 

5. 手順3に、茹でたバスマティライスを重ね、バターと半量のパクチーをのせる

▲半量のパクチーは、トッピング用に残しておきます

 

6. アルミホイルで密閉し、さらに蓋をして弱火で12分蒸し焼きにする

▲しっかり密閉できるよう、アルミホイルでさらに蓋を。

 

7. 火を止めて10分置く。その後アルミホイルと蓋を取り、粗熱を取って下からざっくりと混ぜる

黄川田さん:
「あえて完全には混ぜきらないことで、味付けされた部分と、お米そのものの味わい両方を楽しめますよ」

 

8. 残りのパクチーをのせ、盛り付けて完成

黄川田さん:
「少し冷ましてからいただくと、水分が程よく抜けてお米が立ち、よりおいしくいただけますのでおすすめです。

お店でいただくビリヤニのように、生姜やミントを添えてみても。お好みでいろいろ楽しんでくださいね」

▲今回は、さっぱりとした酸味と辛みがおいしい「赤玉ねぎのアチャール」を添えました。5mm幅にスライスした赤玉ねぎ1/2個を塩少々で揉み、酢大さじ1と砂糖小さじ1、カイエンヌペッパー少々を混ぜたらあっという間に完成です

ビリヤニは自分の生活からは遠く、家で作るのは難しいと感じていたメニュー。フライパンで作れるとは驚きでした。

このビリヤニは、第1話〜3話でご紹介したカレーとも相性ばつぐん。ワンプレートで盛り付ければ、心浮き立つおうちごはんの完成です。

「スパイスは使い続けているうちに自分好みの香りが分かってくるので、組み合わせや配分を考えることが楽しくて」と黄川田さん。香りが好きなカルダモンは割合を少し多めにしたり、カルダモンを使ってスープを作ることもあるのだそう。

黄川田さん:
「入れ過ぎには注意が必要なので、はじめは今回の調合を参考にしていただき、その中で加減するのが安心して取り入れやすいかもしれません。

自分や家族の好みに合わせて、香りや辛さを調整してみてくださいね」

***

今まで挑戦してみたかったけれど、あと一歩のところで思いとどまっていた、スパイスカレー。

スパイスを揃えてみても使いきれるか分からない……という気持ちが大きかったのですが、黄川田さんの「基本のルー」と4皿のレシピがあれば、その心配もなく始められそうです。

はじめてのスパイスカレー、ぜひ作ってみてくださいね。

 

【写真】メグミ


もくじ

黄川田 としえ

料理家・フードスタイリスト。雑誌やweb、広告などのメディアでレシピ開発・フードコーディネートなどを手がけるほか、子どもと一緒に作る料理教室や、子どもの心と体の成長をサポートするワークショップ、企業とコラボしたレッスンを不定期で開催する「tottorante」主宰。HP:https://toshiekikawada.com/
Instagram:@tottokikawada

 


感想を送る

本日の編集部recommends!

【送料無料キャンペーン】大人気のスキンケアアイテム「オイルインミスト」
夏の冷房で乾燥しがちな肌の保湿にも◎お得な2本セットも再入荷しました

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいブラウスや、ビーチサンダルなど、今から夏に向けて楽しめる新作アイテムが入荷中です♩

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】わたしの朝習慣
台湾で一度食べたシェントウジャンを定番朝ごはんに。猫に癒されながら過ごす朝時間。

RECIPEカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像