【変わりゆく暮らし】家でしか食べられない料理こその“贅沢さ”に気づいた。料理家・長谷川あかりさんを訪ねました。

編集スタッフ 中村


ここ数年、どう過ごしていましたか?
「変わりゆく暮らし」


暮らしのリズムや生活スタイル、居住空間。誰しも様々なタイミングで、暮らしに変化が訪れていると思います。
振り返ってみると、新しくはじめたこともあれば、やめたこともあるのではないでしょうか。

『変わりゆく暮らし』は、ここ数年のなかで変わったこと・変わらないことを伺い、日々の暮らしにどんな影響や心境の変化があったのかをお聞きする番組です。

第15弾となる今回はSNSで発信される簡単で体に優しいレシピが人気な、料理家・長谷川あかりさんにお話を伺いました。

 


料理家/長谷川あかりさんの暮らしの変化


家事として料理をするようになった

料理が元から好きだったこともあり、外食の味に近づけようと頑張っていたけれど、毎日のこととなるとだんだん疲れてきてしまったという長谷川さん。

家で作るごはんは外では食べられないものを作ろうと切り替えてから、負担なく料理を楽しめるようになったといいます。

長谷川さん:
「美味しすぎないある意味ちょうどいい味が、結局毎日食べるのに一番マッチするんだなと思いました」

数年先まで見据えたもの選び

たくさん物を持つよりは少数精鋭で、長く使えそうだと思えたものを選ぶようにしているのだそう。

たとえば器は盛り付ける料理が浮かぶかどうか、洋服は今持っている洋服との相性や年齢を重ねても長く着ていけるかどうかを基準に考えているといいます。

 

自分へ「なぜ」を問うようになった

結婚して夫と話す機会が増え、自分の考えについて深ぼる機会が増えたそう。

長谷川さん:
「なんで自分はこう感じたんだろう? こう感じない人はどう感じているんだろう? そんなことを夫と話してみると、だから自分はこう思っていたんだ、だから好きなんだと、理由がわかるときがあってそれが楽しいです」

 

続きはYouTubeでお楽しみください!

バックナンバー

 チャンネル登録で最新動画をチェック!

YouTubeでチャンネルを登録していただくと、最新話のお知らせが受け取れるようになります。モーニングルーティン番組や、ドキュメンタリー、ドラマ『青葉家のテーブル』などのバックナンバーもあわせてお楽しみください。

長谷川あかり

1996年埼玉県生まれ。料理家、管理栄養士。10代で芸能界入りし、NHK『天才てれびくんMAX』などで子役タレントとして活躍。20歳で引退後、料理の道を志し、大学で栄養学を学ぶ。「なんでもない日を幸せにする、シンプルで豊かなごはん」をテーマに、食べ疲れないのにちょっぴりおしゃれで自己肯定感の上がるレシピを発信中。同年11月、初のレシピ本となる『クタクタな心と体をおいしく満たす いたわりごはん』(KADOKAWA)を出版。


感想を送る

本日の編集部recommends!

春夏のファッションアイテム一覧はこちら!
さらりと涼しいワンピースや、オリジナルのロゴTシャツなど、夏にぴったりのアイテムが入荷中♩

Buyer's selection|梅雨にあるとうれしい、お守りコスメ
人気のオイルインミストや、爽やかな使い心地のヘッドスパクレンジングなど、おすすめアイテムを集めました!

グリーンのある暮らしはじめよう
佇まいが素敵なじょうろや、オリジナルの植木鉢など、植物のお世話が楽しくなる道具が揃っています◎

【動画】1時間あったら、なにをする?
いまこの瞬間に集中するから気づけること。日常から少し離れた非現実時間をつくる(Chigaya Bakeshop・仲山ちがやさん)

VIDEOカテゴリの最新一覧

公式SNS
  • 読みものの画像
  • 最新記事の画像
  • 特集一覧の画像
  • コラム一覧の画像
  • お買いものの画像
  • 新入荷・再入荷の画像
  • ギフトの画像
  • 在庫限りの画像
  • 送料無料の画像
  • 横ラインの画像
  • ファッションの画像
  • ファッション小物の画像
  • インテリアの画像
  • 食器・カトラリーの画像
  • キッチンの画像
  • 生活日用品の画像
  • かご・収納の画像
  • コスメの画像
  • ステーショナリーの画像
  • キッズの画像
  • その他の画像
  • お問合せの画像
  • 配送料金の画像